日本やドイツでは、職人は「伝統を継承し続ける存在」として重んじられており、職人によって造り出される品のなかには、芸術品としての価値を持つものもある。こうした匠の精神が日本の各産業にも反映されていることは、海外において日本製品が評価や信頼を勝ち得る要因の1つとなっているが、さらなる経済発展を目指す中国はこの「匠の精神」を習得するべきかどうかを見極める必要があると論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本やドイツでは、職人は「伝統を継承し続ける存在」として重んじられており、職人によって造り出される品のなかには、芸術品としての価値を持つものもある。こうした匠の精神が日本の各産業にも反映されていることは、海外において日本製品が評価や信頼を勝ち得る要因の1つとなっているが、さらなる経済発展を目指す中国は、この「匠の精神」を習得するべきかどうかを見極める必要があると論じる記事を掲載した。

 中国メディアの中研網は22日、中国の李克強首相が欧州歴訪の際、中国の製造業の高度化を実現するためには中国企業は今後、匠の精神を養うべきだと述べたことを紹介。このように中国政府は近年、中国企業が匠の精神を培うことを推奨しているとしつつも、その主要な目的はあくまでも中国が経済発展を遂げていくためであると指摘、「品質の優れたものを生産するための方向転換」こそが目的であり、そこに匠の精神が含まれているとした。

 しかし匠の精神を学んでゆくうえで注意すべき点があるとし、製造の品質向上やサービスの質の追求には長期間にわたる努力の蓄積が必要であり、そのための人材や時間の投資が、現在の生産効率を阻むものとなっては本末転倒になると指摘。また生産者側の理論に偏り過ぎる余り、消費者のニーズを疎かにしてしまう落とし穴もあるとしている。

 この点、日本は「匠の精神」を追求し、品質を過剰に追求するあまり、こうした落とし穴に陥っており、日本の電化製品は消費者の真のニーズを見失っていると指摘。日本と経済水準の違う国が求めているのは「まずまずの品質の商品」であり、「過度に品質の高い商品」ではないゆえ、日本の「高品質な商品」は海外うけせず、日本の製造業は孤立していると論じた。

 記事の内容は、経済が低迷している日本の状況を分析しての考察のようであるが、中国の一部の富裕層は日本の「高品質」な製品の価値に魅かれて日本製品を買い求めている現状もある。しかし、中国では消費者全体が豊かになっているわけではないのも確かであるゆえに、現在の経済成長の勢いを失わないためには、確かに「匠の精神」と「消費者のニーズ」のバランスを見極めてゆくことが必要であると言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)