【詳細】他の写真はこちら

耳穴を塞がない快適性や、いかに!?

最近ラインアップが増えてきた「耳穴を塞がないイヤホン」。装着しながらでも周囲の音が聞きやすいというメリットがありますよね。そんな「耳穴を塞がないイヤホン」ですが、以前ご紹介したAftershokz社の骨伝導ワイヤレスヘッドホン『Trekz Titanium』が国内でも購入できるようになりました。フォーカルポイントが日本総代理店となり、すでに販売が開始されています。今のところ、直販サイトやAmazon.co.jp、楽天市場の直営店での先行販売となりますが、順次家電量販店などでも取り扱われるとのこと。価格は1万7064円(税込)。カラーバリエーションはオーシャンブルー、アイビーグリーン、スレートグレー、ピンクの4種類となっています。

骨伝導&耳穴を塞がない新スタイル





通常のヘッドホンは本体に内蔵された小さなスピーカーや振動板で鼓膜に振動を伝えますが、骨伝導ヘッドホンでは頭皮や頭蓋骨に振動を伝え、音を届けます。これにより耳穴を塞がないデザインを実現しているわけですね。これなら街歩きやジョギングをしていても、周囲の音を聞き取ることができるので、危険を回避できます。また、耳穴を塞がないことで圧迫感が少なく、蒸れにくいため、長時間使用しても疲れにくいんだとか。加えて『Trekz Titanium』の場合、独自技術により一般的なヘッドホンと同等の音質を実現し、音漏れも少ないのだそうです。

柔軟性がりつつも頑丈な本体





『Trekz Titanium』ではヘッドバンド部分の素材にチタニウムを採用。10万回の耐久テストに合格するなど、頑丈でありながら柔軟性があり、全体で36gという軽さを実現しています。さらに、IP55相当の防水防塵設計となっているので、エクササイズ時の汗や小雨の中でも安心して使えます。

ノイズキャンセリングなど便利機能も盛り沢山





スマホや音楽プレーヤーなどとの接続はBluetooth。複数機器とのマルチポイント接続に対応し、切り替えて使用することが可能です。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。好みの再生設定を選択できる「EQプリセット」や、操作・設定変更を行なった際に音声で通知してくれる「Audrey Says」機能なども搭載するほか、iPhoneではバッテリー残量の確認も行えます。なお、スマホとの連携時は通話も可能で、マイクはノイズ軽減機能を備えたデュアルノイズキャンセル仕様。バッテリー駆動時間は音楽再生で約6時間。スタンバイ状態なら10日間の持つそうです。



文/塚本直樹

関連サイト



『TREKZ TITANIUM』製品ページ

『TREKZ TITANIUM』プレスリリース