画像

写真拡大 (全6枚)

 マイクロアドは、ソフトブレーン・フィールドと事業提携を行った。これにより、オンラインから実店舗への来店集客と実店舗での購買を最大化するO2Oマーケティング事業において「トコトコマイル」の提供を開始した。

 マイクロアドは、フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールドと事業提携を行った。これにより、実店舗の集客と購買を最大化するO2Oマーケティング事業を展開し、消費者向けサービス「トコトコマイル」の提供を開始した。
「トコトコマイル」画面イメージ

 同サービスは、来店や購買に対してユーザーにマイルを付与し購買を最大化する、実店舗来店型の購買マイレージサービスだ。ユーザーは同サービス上に購買オファーされた対象商品を購入し、レシートを投稿すればマイルを獲得できる。貯めたマイルはsuica電子マネーや楽天Edy、nanacoギフト、WAONなどのデジタルマネーに変換可能。メーカ側は商品PRの機会となるほか、レシート情報から同時に購買された商品のバスケット分析なども可能なO2Oマーケティングとしても利用できる。

 両社は、データのシームレスな連携を通じて精度の高いマーケティング戦略を提供し、消費者のニーズを満たす商品・サービス提案につながるマーケティング支援を行っていく。

MarkeZine編集部[著]