オランダ・ライデンにあるナチュラリス多様性センターが公開した隕石の画像(2017年6月26日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダの科学者チームは26日、国内の民家に落下した45億年前のものとみられる隕石(いんせき)を公開した。同国内では「極めて珍しい」発見例で、太陽系の誕生に関する手がかりを握っている可能性があるとチームは話している。

 オランダ・ライデン(Leiden)にあるナチュラリス多様性センター(Naturalis Biodiversity Centre)の地質学者、レオ・クリーグスマン(Leo Kriegsman)氏は、動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)に公開した動画で「隕石が非常に特別なのは、これほど古い時代の岩石が地球上に存在しないため」と述べた。

 重さ約500グラムのこぶし大の隕石は今年1月、首都アムステルダム(Amsterdam)のすぐ北にある小さな町、ブルック・イン・ワーターランド(Broek in Waterland)の納屋に落下。屋根を突き破った際の速度はおそらく高速列車並みだったとされる。

 隕石は翌朝、壊れて積み重なったがれきの下から住人によって発見された。広範囲に及ぶ捜索にもかかわらず、この地域ではその他の破片は見つからなかった。

 オランダでは3〜4年ごとに流星群が出現すると考えられているが、小型の隕石は、水中や泥炭湿原に落下したり、森に落ちて他の石と見分けがつかなくなったりすることが多いため、見つけるのは非常に困難なのだという。

 今回の隕石は過去200年間にオランダ国内で発見された6個目の隕石となる。前回の発見は1990年にさかのぼる。

 クリーグスマン氏は、納屋の所有者から隕石発見についての連絡を受け「非常にわくわくした」と話し、「星の素材となる(ガスやちりの)雲から重元素が形成され、小惑星群が最初に形成され始めた太陽系最初期に起きたことを隕石から知ることができる。つまりこれは、地球の形成最初期の情報が隕石から得られるということだ」と説明した。

 今回見つかった隕石については、広大な小惑星帯が存在する火星と木星の間の領域から地球に飛来した可能性が高いと推測されている。小惑星帯では「多数の岩石や小惑星」が飛び交っており、それらが軌道から外れる場合もあるのだという。

■南極大陸やサハラ砂漠に多数

 ナチュラリス多様性センターは26日の公開を前に、広範囲にわたる検査を実施した。

 クリーグスマン氏は、AFPの取材に「隕石がどのようなものなのか100%の確信を得たいと考えていたため、公開する前にある程度の調査を実施する必要があった」ことを明らかにした。今回の隕石については、これまでにもそこそこ見つかっているL6型球粒隕石(コンドライト)と同定されている。

 それでも同氏は、すべての隕石は科学的知識の増大につながり、隕石が多数発見されている南極大陸やアフリカ・サハラ砂漠(Sahara Desert)などの場所が近年、科学を後押ししていると述べ、「隕石にはさまざまな種類のものがあり、たとえそれが既存理論の裏付けとなるものであっても、隕石のサンプルが増えるのは常に役立つ」と語った。

 クリーグスマン氏は現在、修士課程学生の助力を得て、今回の隕石が原始惑星のどの深さで生成された可能性があるかを究明するためのさらなる研究を実施する計画を立てている。
【翻訳編集】AFPBB News