画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●目指すは世界で最も○なクルマ

トヨタ自動車はラグジュアリーブランド「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」の新型を日本で初公開した。プレミアムカー市場ではメルセデス・ベンツ、BMW、アウディの“ジャーマンスリー”と比較されることの多いレクサスだが、LSはある分野で世界一を目指すという。そのカギを握るのが、世界初搭載となる新規技術だ。

○世界初採用のアクティブ操舵回避支援技術

レクサスはトヨタが展開するラグジュアリーブランドで、「時代を先取りし、新たな驚きを創造すること」をクルマづくりの信念とする。LSはレクサスのフラッグシップセダンで、1989年に初代が登場。今回の新型は5代目で、2017年1月のデトロイトモーターショーにてワールドプレミアが行われた。車種は「V6 3.5L ツインターボエンジン」を積む「LS500」とハイブリッドの「LS500h」を用意する。発売は2017年秋以降で、価格は現時点で明らかになっていない。

トヨタは6月26日に日本で新型LSの発表会を実施。その場で熱心に語られたのは、新型LSが世界で初めて採用したという「アクティブ操舵回避支援技術」だった。

○目指す姿は世界で最も安全なクルマ

アクティブ操舵回避支援技術とは、予防安全技術の1つだ。歩行者との衝突を回避する技術としては自動ブレーキの導入が進んでいるが、トヨタは一歩ふみ込んで、万一の場合にはクルマ側でハンドルを自動操作する技術を新型LSに搭載したのだ。この技術を支えるのは、新型LSに備わる「全方位センシング」という能力だ。

新型LSは自車線内に歩行者やガードレールなどを検知し、衝突の危険があると判断した場合、ドライバーに注意を喚起し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキと危機回避のための機能を段階的に働かせる。ここまでは他社のクルマも採用している技術だが、新型LSは衝突の可能性が非常に高いと判断すると、周囲の状況を検知し、ハンドルを操作して回避行動をとる。ちなみに、ハンドルを切る範囲は走っている車線内にとどめるという。

予防安全技術で世界初の技術を搭載した新型LS。トヨタ先進技術開発カンパニーのプレジデントを務める伊勢清貴氏は発表会に登壇し、このクルマが目指す姿を「世界で最も安全なクルマ」と表現した。

●埋められない歴史の差に先進技術で対抗

○独自性を発揮したレクサス

レクサスインターナショナルのプレジデントを務める澤良宏氏は、レクサスのDNAは「乗り心地、静粛性、滑らかな走り」にあるとし、新開発の「GA-Lプラットフォーム」を採用したこともあり、「エモーショナルな走り」の部分が進化していることを強調した。パワーユニット1つをとってみても、新開発の「V6 3.5L ツインターボエンジン」と「10速AT」の組み合わせにより、先代のV8エンジンを凌駕する加速を実現できているとする。このように、走りやデザインの部分も進化しているのだが、今回の発表会でトヨタがフィーチャーしたのは予防安全技術だった。

レクサスの販売台数は、2016年(暦年)で約67.7万台。前年比104%で過去最高の実績だが、ジャーマンスリーの台数には及ばない。この分野で先行するジャーマンスリーに対し、レクサスは「28年の若いブランド」だと認める澤プレジデント。重視しているのは独自性だという。後発企業が歴史の差を埋めるのは不可能だが、独自の先進技術を投入した分、少なくとも予防安全技術の面では、新型LSは先行3社に差をつけたと言えるだろう。

澤プレジデントが披露したエピソードによると、プレミアムカー分野では以前、あまり静粛性を話題にする勢力はなかったそうだが、レクサスが高い静粛性を実現したことで、その部分の磨きこみにジャーマンスリーも注力するようになったそうだ。プレミアムカー分野では互いのベンチマーキングが活発らしいので、レクサスが実現した先進的な予防安全技術を、他の陣営が採用するかどうかも1つの注目ポイントになりそうだ。