噂の「白いブラックサンダー」について、製造元に話を聞いた。

「白いブラックサンダー」が大人気

ココアクッキーとハードビスケットのザクザク触感、口どけの良いチョコレートのバランスが絶妙な、食べごたえ十分のお菓子「ブラックサンダー」。

その製造企業「有楽製菓」が販売する「白いブラックサンダー」の人気が急上昇し、快進撃を続けているという。

台湾人観光客が大量購入

「白いブラックサンダー」は、ブラックサンダーのホワイトチョコ版。北海道土産として製造されている。

提供:有楽製菓

北海道新聞によると、台湾でブラックサンダーが人気を集め、北海道を訪れる台湾人観光客が同商品を大量に買い求めるようになり、2013年頃から人気が急上昇。

他の北海道限定販売商品と合わせて、昨年は約3300万個を売り上げ、今年は札幌工場で4000万個を作る計画だという。

ネット上で「食べてみたい」と話題に

同商品はネット上でも話題になっており、「北海道の誇り」「お土産でもらった」という声や、「初めて知った」「良さげ」「食べてみたい」など反響が続々。

「もはやブラックじゃない」「商品名がいきなり矛盾」「それホワイトサンダーやん…」「白か黒かはっきりしてほしい」など、ネーミングへのツッコミも複数投稿されている。

「楽天の専用商品」として誕生

有楽製菓に同商品が生まれた経緯を聞いたところ、「楽天市場の専用商品」として開発したのがキッカケだという。

2010年10月に、楽天市場弊社ページにてネット通販用の専用パッケージで「白いブラックサンダー」の販売を開始(20袋入 税抜1,000円)したところ、そちらが大変好評だったため、「白」のイメージのある北海道土産として販売してはどうか、ということで、北海道土産としての【白いブラックサンダー】が誕生いたしました。

北海道土産と販売を開始してからは、弊社の札幌工場で生産していることもあり、順調に売上を伸ばしてきております。

「白いブラックサンダー」は2011年1月に12袋入、税抜600円で販売開始。ネット通販用とお菓子の中身は共通で、パッケージ違いだ。

ブラックサンダーよりコーティングに厚み

通常のブラックサンダーとどう違うのか。同商品の特徴を聞いた。

白いブラックサンダーは、ブラックサンダーの特徴であるザクザク食感を生み出す、「プレーンビスケットとココアクッキー」を、「北海道産ミルクと甜菜糖を使用したホワイトチョコレート」でコーティングしており、コーティングの厚みも通常のブラックサンダーより厚くなっています。

東京・豊橋の直営店、ネットでも買える

ぜひ食べてみたいが、北海道まで行かないと買えないのだろうか。

「北海道土産」として北海道のお土産店を中心に販売をしておりますが、その他一部空港免税店、弊社直営店(豊橋・東京)、楽天市場・YAHOOショッピング内の弊社ショップにて販売をしております。

「ホワイトサンダー」という案もあった

ネーミングについて、ネット上に「矛盾している」「ホワイトサンダーじゃないのか」という声が寄せられていることについて、コメントを貰った。

ネーミングを決める際に、「ホワイトサンダー」という案もありました。

しかし、お菓子自体が、中身はブラックサンダーと同様のザクザク食感のビスケットに、ホワイトチョコレートをコーティングしたものですので、「ブラックサンダー」の「白い版」ということで、「白いブラックサンダー」となりました。

また、矛盾しているというお声も存じておりますが、ブラックサンダーシリーズらしいユニークさということで、ネーミング・キャッチコピーを楽しんでいただければと思います。

「社員のアイデア」をベースに企画

同社には他にも、「グラノーラサンダー」や、

提供:有楽製菓

「ブラックサンダーダークマター」など、

提供:有楽製菓

インパクトのある商品がそろっているが、誰がどのように企画しているのか。

企画は、商品開発部、マーケティング部のメンバーでアイディアを持ち寄って検討しております。

味・ネーミング・キャッチコピーともに、社員のアイディアをベースに企画しています。また、社長のインスピレーションによって生み出される場合もあります。

「安くて美味しいお菓子作り」にこだわり

同社は、製品開発における「こだわり」をこう話す。

弊社の経営理念の一部でもありますが、「安くて美味しいお菓子づくり」にこだわっています。

「どうしたらお客様に喜んでいただけるか」を第一に、味・パッケージの細部に至るまでこだわって製品開発をしています。

「北海道の道民食」を目指す

最後に、商品に込める想いを聞いた。

白いブラックサンダーは、「北海道の道民食」、ブラックサンダーは「日本の国民食」になることを目指し、まだまだ多くの方にお召し上がりいただけるように頑張っていきたいと思います。

提供:有楽製菓