画像提供:マイナビニュース

写真拡大

任天堂は6月27日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を発表した。発売は10月5日で、希望小売価格は税別7,980円。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンは、1990年に発売された「スーパーファミコン」を小型化したゲーム機。本体には『スーパーマリオワールド』や未発売の『スターフォックス2』など、21タイトルのソフトを収録している。付属のコントローラーは、サイズやボタンの配置などベースモデルのデザインを踏襲しており、1990年代と変わらない操作性を実現しているという。

コントローラー2個に加え、電源供給用のUSBケーブルとHDMIケーブルが付属。USBケーブルを別売のACアダプター (同日発売、希望小売価格は税別1,000円)やUSB電源供給機器と接続し、さらにHDMIケーブルで本体とテレビを繋いで遊ぶ。

なお、スーパーファミコン用のカセットを差し込んで遊ぶこと、ダウンロードでタイトルを追加することはできない。収録タイトルは以下のとおり。

スーパーマリオワールド

F-ZERO

がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻

超魔界村

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

スーパーフォーメーションサッカー

魂斗羅スピリッツ

スーパーマリオカート

スターフォックス

聖剣伝説2

ロックマンX

ファイアーエムブレム 紋章の謎

スーパーメトロイド

ファイナルファンタジーVI

スーパーストリートファイターII

スーパードンキーコング

スーパーマリオ ヨッシーアイランド

パネルでポン

スーパーマリオRPG

星のカービィ スーパーデラックス

スターフォックス2

(C)Nintendo