ゴールパフォーマンスはどこで行われるかわからない

 明治安田生命J1リーグで現在首位に立つのは柏レイソル。北海道コンサドーレ札幌との一戦では途中出場のディエゴ・オリベイラが劇的な決勝ゴールを奪い勝利した。ピッチ上では白熱した戦いが繰り広げられていたが、ピッチ脇では奮闘するフォトグラファーの姿があった。(写真・文:松岡健三郎)

----------

 第6節(4月8日)の清水戦以降負けなしで、現在首位に立つ柏。第6節までに4敗してスタートダッシュできなかったが、しっかりと勝ち点を重ねてきた。多くの勝利で1点差ゲームをものにしている。この日の札幌戦でも1点差で勝利し11勝目。得失点差は+10。粘り強い試合を見せている。

 リーグは第16節終了し、まもなく折り返しを迎える。理想のサッカーをできるのは上位陣のみ。ここから現実サッカー(=勝ち点を取るサッカー)に転じるチームが増えてくるはずだ。

 柏は理想のサッカーで勝ち点を重ねてきたチームの一つ。キャプテンの大谷秀和を筆頭に柏の育成組織出身が多い。学んできたサッカーを体現する。札幌戦でも先発の11人中、8人が柏の育成組織出身だ。そこに、味の濃い伊東純也とクリスティアーノがいいスパイスとなる。

 柏は前節の甲府との戦い同様、現実サッカーに苦しむ(前節0-0のスコアレス)。人数をかけてブロックを作る札幌に対して、ゴール前には運べるが、決定機は作れない。

 相手を崩すときは「三角形を形成して突破する」とよく言われるが、柏の場合は“四角形”を作って相手を崩す。右サイドは13小池龍太、7大谷秀和、19中川寛斗、14伊東純也。左サイドは22輪湖直樹、17手塚康平、8武富孝介、9クリスティアーノ。

 両サイドで四角形を作って、前線はクロスの動き、後ろは外か中の選択で多彩な攻撃を見せる。両サイドとも攻撃のスイッチを入れるのはサイドバックの選手だ。

 攻撃が手詰まりになればセンターバックの4中谷進之介、5中山雄太まで下げて、サイドを変える。バランスの取れた攻撃を前半から何度も見せたが、札幌の3バックがしっかり中を固めて、GKク・ソンユンと一緒に柏の攻撃を跳ね返した。

 外からのクロスを多用していた前半だったが、42分に中央から攻め込み、武富がうまく3バックの間へ抜け出しPKを獲得。クリスティアーノが難なく決めて先制に成功した。

 私の撮影ポジションはと言えば、札幌の攻撃側のサイドラインで行っていた。PKを決めたゴールとは反対側。もちろん多くのカメラマンは首位の柏を撮影するため、PKを決めた側のゴールでカメラを構えていた。しかしゴール後のパフォーマンスはどこで行われるか分からないのがサッカーであり、そこが一番のカメラマン泣かせでもある。

タッチラインから撮影するときのポジショニング

 テレビで見ていれば、たくさんのカメラが準備されているため、ゴールパフォーマンスを撮り逃すことはない。しかし、カメラマンは広いピッチを一人でおさえる。どこで行われるか予想もつかないため、運任せだ。今日の私は運よくベンチ前まで戻ってきたクリスティアーノをしっかりゲット。

 後半もそのままの位置で撮影。

 私は、サイドで撮影するとき、ペナルティーエリアのラインよりもゴールの内側と決めている。なぜなら、DFラインをペナルティーエリアのラインより前に設定するチームが多いためだ。

 そこより前にいると、サイドでは副審がカメラの前を走りまくり、写真に入り込んでしまう。それを極力避けるため、ライン設定より後ろにいることで、ストレスなく撮影できる。だから私はこの日もペナルティーエリアのラインから1メートル後ろで構えた。

 話を試合に戻そう。柏は後半もサイドの四角形から札幌を崩しにかかる。しかし、前半のミスを修正してきた札幌が前線にボールを収め始めた。

 札幌は前線に素早くボールを預けてから、シンプルなポストプレーで前向きの選手にボールを落として、攻撃のスイッチを入れる。しかし、そのポストプレーのパスがずれてしまい、簡単にボールロストしてしまった。それを修正して、しっかりつなげるようになり、都倉賢が立て続けにゴール前でファールをもらい、FKのチャンスを迎えた。

 FKを蹴るのは、ケガで出遅れこの試合がJ1初出場となったヘイス。1本目はゴール上の隅を狙い外してしまったことから、今度はGK中村航輔との駆け引きにも勝ち、低いボールで中村の逆を突いてゴール。味方の壁の間を向けた見事なゴールとなった。

決まったと確信する感覚。会心の1枚

「このFKが入ったらディエゴ・オリヴェイラを入れよう」とFK直前にコーチ陣と話したという下平隆宏監督の悪い予感が的中してしまい、失点直後に、中川に代えて、ディエゴ・オリヴェイラを入れる。「裏を狙え」と監督の指示通り、ディエゴ・オリヴェイラを入れる効果の予感も的中させた下平監督。

 終盤88分。右サイドバックの小池が右サイドラインに開いた伊東につなぐ。中央にいたクリスティアーノが外へ斜めに走り出すと、その動きにクロスするように、伊東が中央へ持ち出す。

 札幌のDFラインがスライドしたすき間が開き、そこへ伊東がスルーパス。ディエゴ・オリヴェイラが裏へ抜け出す。「はじめは右足でシュートしようとした」と本人は冷静に分析。しかし、キム・ミンテがカバーにきたため、キックフェイントからすぐに左足を振り抜く。

 ゴール裏から撮影しているときは選手を追うと、シュートコースは全く見えないし、ゴールが入ったどうかも、ファインダーから目を離さないと見えない。

 しかし、このシーンではこの写真の時点で、シュートコースも、ゴールが入ることも確信できた。その確信が生まれると、ファインダーから目を離さずに、シュートを決めた選手を追い続けることができる。だから、ゴールパフォーマンスも外すことは少ない。

 シュートコースはサイドから撮影していないと分からないし、決まる前に、決まったと分かる感覚も生まれない。会心の1枚だ。

 柏は最後の場面でも四角形から相手を崩した。単純な話だが、3人よりも4人のほうが攻撃の選択肢が多い。甲府戦から1試合足らずで、引いた相手を攻略できた柏。シーズン前の目標をACL出場から“優勝”へと変更した。目標を遂行するために取りこぼしない強さを見せた。

(写真・文:松岡健三郎)

text by 松岡健三郎