スマートフォン市場が飽和しつつあると言われている時代、売り上げを確保するには、自社ブランドの端末を使用しているユーザーにアップグレードを促すか、ライバルからユーザーを奪うかの2択しかありません。Samsungの「Smart Switch」も、こうした観点にもとづいて設計されたアプリの1つです。

他のプラットフォームから手軽に乗り換えできる

Smart Watchを特集するSamsungのページに訪れると、目に飛び込んでくるのは大きく書かれた「iPhone」という文字です。
 
特設ページでは、Smart Switchを使うことで、どれだけスムーズにiOS/Android端末からのデータ移行ができるかが分かりやすく解説されています。ワイヤレスネットワーク、USBケーブル、MacやPCを経由して、動画やカレンダー、メモ、音楽、写真がGalaxyに転送できます。
 
興味深いのは、このページが最近リニューアルされたという点です。以前は、ここまでiOS製品のデバイスから転送が可能であることが、大きくアピールされているわけではありませんでした。
 

リニューアル前のページ。iOSという文字は小さく確認できるのみだ


リニューアル後のページ。他OSからの乗り換えが、より強調されている


 
さらに日本語のページでは、iOS製品ではなく「iPhone」と、端末の具体的な名称まで出ています(英語版では注釈以外に出てこず)。
 

日本語版のページ。英語版にはなかった「iPhone」という文字が文章にも画像にも出てくる


 
好調な売れ行きをみせているとされるGalaxy S8シリーズですが、調査会社Kantarからは、アメリカではiPhone7/7 Plusに比べて売り上げが芳しくない、とのレポートも出ています。売り上げを増やすためには、ライバル端末の名前を出すのも致し方ないのでしょう。
 
ただ、自社端末へのお引っ越しアプリをアピールしているという点ではAppleも同じで、先月もAndroidからiPhoneへの乗り換えをテーマにしたコマーシャルが複数公開されたばかりです。
 
 
Source:Samsung[英][日],9to5Mac
(kihachi)