怒る人 豊田真由子議員とマツコの"雲泥"

写真拡大

イライラ、カリカリ……こみ上げる怒りの感情をコントロールするのは難しい。怒りに愛やユーモアを込めることができる人がいる一方、「このハゲーーっ!!」とただ罵声を浴びせるしか芸のない残念な人もいる。両者の違いとは何か。

■この人になら「怒られたい」1位はマツコ・デラックス

最近よく聞く「アンガーマネジメント」。怒りの感情をコントロールするための心理トレーニングです。

今年6月、日本アンガーマネジメント協会は、「怒られたい著名人」のランキングを発表しました。これは同協会が、日本全国の10代〜60代までの男女1000人を対象に毎年調査しているものです。

5位は天海祐希、4位は北野武、3位はタモリ、2位は松岡修造、1位は3年連続でマツコ・デラックス、という結果になりました(敬称略)。

一見して、ガチで怖い人はいないというか、人情味あふれる人が多いラインナップです。同協会の安藤俊介代表理事も「現代人は“納得できる怒り”、“ポジティブな怒り”、“優しい怒り”を求めている」と考察しています。 

「現代は怒られ慣れていない人が非常に多いです。そこで、怒られるのであれば、優しく怒ってほしいという希望がよく見えた結果になったのではないかと考えられます」(安藤氏)

▼求められているのは「ポジティブで優しい怒り」

周りの人に、今回のリストの芸能人について意見を聞いてみました。

「天海祐希さんは上司として理想的。自分を成長させてくれる怒り方をしてくれそう」(30代女性)

ちょっと前なら江角マキ子さんも入りそうですが、芸能界を引退した経緯を考えると「本当に怖い人」だったのかもしれません。

「北野武さんは本気で怒ったらすっごい怖そう。でも、怒られた側はうれしいと思う」30代女性)
「怒られたら身に余る光栄」(20代男性)

北野武さんに怒られたら、そのあと運気が上がりそうです。

「松岡修造さんは子どものやる気を出してくれそう。単純で熱血だからこそ素直に心に響く」(20代男性) 

たしかにポジティブにマインドコントロールしてもらえそうです。

「タモリさんはどういう風に怒るのか全然予想もつかない」(20代男性)
「タモリさんはふだん怒らないけど、若者と真摯に向き合おうとして、焼き肉の焼き方で激怒したって聞いたことがある。ふだん怒らない人に怒られるのはレアで良いと思う」(30代女性)

タモリさんの激怒は、森脇健児さんが焼き肉店で肉を一度に焼きすぎて「ゆっくり食わせろ!」と怒鳴られた件でしょうか。レアすぎてずっとネタにできそうです。

そして1位のマツコさんについては……。

「あんたの立場もわかるけどさ〜って寄り添いながら怒ってくれそう」(20代女性)
「ちゃんと期待に沿った怒り方で、最後には上げてくれる」(20代男性)
「愛があると思う。がんばんなさいよって励ましてくれそう」(30代女性)

といったコメントをもらいました。やはりマツコさんは高評価です。テレビで観ていても、眉が上がっていて顔の肉が震えているから一見怒っているように見えるだけで、発言は怒りというよりも共感性のほうが強いです。怒られても最後は励ましてもらいたい、そんなワガママな現代人が多いのかもしれません。

■「このハゲ〜〜っ!!」豊田真由子議員には「怒られたくない」

同アンケートでは、「女性は男性に比べ“怒り”の感情を行動に移す際、相手に対して攻撃的になる」という分析結果も出ていました。怒りの感情を行動に移す女性……。と聞いて、思い浮かぶのは今はあの人しかいません。

パワハラワード連発の、衆議院議員・豊田真由子氏(自民党から離党し、現在は無所属)です。

今、この人に「怒られたくない著名人」アンケートを実施したら、絶対1位になりそうなお方です。先週発売の『週刊新潮』(6月29日号)によれば、この豊田議員は男性政策秘書に罵声を浴びせたり頭や顔を殴ったりしたそうです。男性が録音した音声データも公開されました。

「このハゲ〜〜〜〜ッ!!」
「ちがうだろ! ちがうだろ!! ちがうだろ!!!」
「お前はどれだけ私の心を叩いてる!!」

▼あの「眉毛の角度」は常に怒っている人の印象

彼女の眉毛の角度も常に怒っている印象ですが、人相に出るのでしょうか。

「そんなつもりじゃなくても〜〜♪」

ちょっと口調が和らいで歌を歌いだしたと思ったら、

「娘が顔がグシャグシャになって〜♪ 頭がグシャグシャ〜♪ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても〜♪ そんなつもりはなかったんです〜〜♪」

と、まさかのサイコパスな歌詞。日本中を戦慄させました。アンガーマネジメトという言葉とは全く無縁な存在、豊田議員。

55歳の男性秘書が47枚分宛先を間違えた、というのもどうかと思いますが、あまりにも恐怖の日々で仕事に集中できなかったのでしょうか。4年で100人も秘書が辞めたというのは常軌を逸しています。

■超エリートは周囲の人間がみなバカに見える

彼女はどうしてアンガーマネジメントできないまま、ここまできてしまったのか……。桜蔭中高→東京大学法学部→厚生省→ハーバード大学大学院……といったエリートすぎる経歴が、強気すぎる性格を形成してきたことは想像できます。周りの人が皆バカに見えるというのはエリートの陥りやすい傾向。政治家の女性はアドレナリンが分泌しまくって、威圧感を漂わせがちです。

この騒動を受けて、彼女の中高の同級生Tさんがフェイスブックにアップしていた記事を読みました。

2人の高校時代の赤裸々な思い出話でした。親や学校の締め付けが厳しい中、勉強漬けの日々から解放されたくて、男子を希求する姿がつづられていました。合コンしたり、修学旅行で年上男子を逆ナンしたり、ジュリアナで踊ったり……。超名門校の女子高生とは思えない発展ぶりです。抑圧されていたエネルギーが出口を求めていたのでしょう。

▼淑女キャラを偽装し続け「素の自分」の制御が不能に

その根底には何があったのでしょうか。

「『キレる』『暴力』『暴言』といった要素も、全て『自分への自信の無さで、もがいている人の姿』」だとTさんはつづっています。たしかに、怒りっぽい人や態度が大きい人ほど自分に自信がなくて弱気だとよく言われます。

豊田議員の場合、さらに違う自分を演じ続けていた抑圧があったのだと思われます。今回、国会での答弁の動画を見たら目を疑いました。クラシカルなスーツ姿の女性が、「社会保障は何といっても国民の安心と希望の源です」などと上品でかわいい口調で話している……。

「このハゲ〜〜〜〜ッ!!」

とテンションが違いすぎます。別人格です。豊田議員は、本当の自分とは違う、おしとやかな淑女キャラを演じ続けて、その反動で自分をコントロールできなくなってしまったのかもしれません。世間にはデフォルトで怖い女性議員が多いですが、そのように怒りを小出しにできたらよかったのでしょう。

何年も続くキャラ偽装で、アンガーマネジメントがすぐに効果は出なそうですが、はじめての挫折が彼女の性格を変えて、人間らしくなられることを祈念いたします。

*本コラムへのご意見や、取り上げてほしい身の回りの気になるヒト・モノ・コトがありましたら、下記URLにぜひお寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdKgResspYB2rqe3TXr52qJfMq9RJtgGE-wx9UIH1L4s7Hk5A/viewform

(漫画家/コラムニスト 辛酸 なめ子)