デジタルを武器にした「損保の逆襲」

写真拡大

まずは波紋を呼んだ本音トークを紹介したい。

SOMPOホールディングスの社長になる前、櫻田謙悟は「昔、あの会社は保険会社だったよね、と言われたい」と発言(保険の仕事を否定するのかと誤解された)。常務時代、役員会では「保険業は構造不況業種です」と明言(代理店さんががっかりするじゃないかと諭された)。

同業の者たちが眉を顰めるのは、そこに真実が含まれているからだろう。櫻田はこう話す。

「人口減少の社会で保険の市場は伸びません。このまま保険料をいただいて保険金を払うだけの事業でいいのかという危機感がずっとありました。一方、繊維や鉄鋼など構造不況業種と言われた業界でも、蘇った企業はたくさんあります。それを言いたかったのです」

さらに櫻田の危機アンテナが反応したのは、社長に就任する直前、2015年5月にシンガポールで開催されたシンポジウムでモデレータを買って出たときだ。テーマはビッグデータ。櫻田はパネリストの一人、グーグルのインド人幹部にこう言った。「できれば保険業には参入しないでほしいですね」。

軽口まじりの本音にグーグルの幹部はニヤッと笑い、「いまは保険会社を顧客にしていたほうが儲かる」と返した。

その笑顔を見た櫻田は、「その気になれば参入できるということだ」と反応したのだ。

グーグルのようなデータサイエンティスト集団が参入すれば、保険の大前提である「大数の法則」が崩れるだろう。保険の加入者を増やせば、事故などの発生確率は一定値に落ち着く。しかし、グーグルのような企業がビッグデータで個人を分析する技術を導入すれば、大数の法則が崩れる。

新たな波の襲来を感じ取った櫻田が選んだ道は、守勢ではなく攻めへと転じる戦略「安心・安全・健康のテーマパーク」である。

「保険業は何かあったときの最後の手段。しかし保険で救済する以前に、安心、安全、健康などたくさんのサービスがあればいい。日常のなかでお手伝いできることがあるのでは、と思ったのです」

その武器となるのが、デジタルだ。

「デジタルを道具ではなく、ビジネスそのものにする」として、CDO(最高デジタル責任者)に、三菱商事出身でシリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営していた楢崎浩一を抜擢。ビッグデータの第一人者で大学教授のトーマス・H・ダベンポートを顧問に据えた。シリコンバレーに事務所を開設し、「キャッチボールをして意思決定を早くする」ため、新宿の本社にデジタルラボを設置した。

デジタルを武器にした例が、安全運転支援サービス「スマイリングロード」だ。走行データを収集してビッグデータ解析を行うことで、導入企業全体で事故件数が約20%減少。また、ナビアプリを開発し、事故多発地点をアラートする。こうして安全運転の度合いを診断して、自動車保険料の割引率を決めるのが、国内初のテレマティクス保険である。

「安全運転を促進して事故が減れば、その結果、保険料は下がります。事故が減ると、保険金の支払いも減る。ウィンウィンになります」と、櫻田は言う。

また、参入した介護事業について、こう言う。「2025年には65歳以上の3人に1人が軽度も含めた認知症になると言われています。解決策を提供しないといけませんが、まだ誰も答えを出せていません」

櫻田は介護施設を回ると、職員たちから、「心が折れるときがある」という声を聞かされた。高齢者たちからは感謝されても、その家族からの苦情をうけるときもあるからだ。センサーやロボットを使うことで、入居者の負担軽減につながるとともに、ロボットと人間の仕事を分けられれば、苦労が多い職員を守ることにもなる。

保険業にはない発想が求められるなか、冒頭の本音の話になると、櫻田は真顔で「私の変人ぶりが加速したのは、損保と関係ない職場に出向していたから」と言う。

「マニラのアジア開発銀行に出向中、毎晩8時まで仕事をしていたら、インド人の上司に呼び出されました。褒められると思ったら、『8時までかかる仕事を与えていない』と怒られた(笑)。文化の違いには刺激を受けてきました。若い人たちに言っているのは、自分の仲間と違う人たち、外国人、特に先進国ではない国の人たちと付き合いなさい、ということ。ひとりで考えていてもダメなんですよ」

櫻田謙悟(さくらだ・けんご)◎1956年、東京都出身。早稲田大学卒業後、78年に安田火災海上保険に入社。2005年、損害保険ジャパン執行役員金融法人部長。12年、代表取締役社長に、15年には代表取締役会長に就任。また同年に、グループCEO代表取締役社長(現職)。