これまでにiPhone 8に関する未確認情報を公開してきた@VenyaGeskin1が、iPhone 7/7 PlusとiPhone 8の画面サイズを比較した写真を新たに公開しました。

iPhone 8の画面サイズを比較

中央がiPhone 8で、左右はiPhone 7s/7s Plusと思われます。

噂によればiPhone 7s/7s Plusは『iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』とほぼ同じデザインになるので、間接的ではありますが、現在販売されているiPhone 7/7 Plusとの比較になるものと思われます。

@VenyaGeskin1は、これは原寸大の模型で、その画面部分に画像を印刷した紙をはめ込み、上から強化ガラスを装着したものだと説明しています。

iPhone 8の前面全体が画面に

iPhone 8で画面を囲む縁が完全になくなったわけではありませんが、左右のiPhone 7s/7s Plusと比べれば、前面を画面として目一杯使っていることが分かります。

画面上部にはFaceTimeカメラやセンサーなどが出っ張っています。その両脇にある画面をどう使うのかは不明ですが、画面上部に黒帯を表示させて一体感を演出する、という推測もあります。
→ iPhone 8は黒モデルのみ?

画面下部は「ファンクションエリア」と呼ばれる、特殊な機能を持つ部分になるという説もあります。廃止されるホームボタンの代わりに、「ホーム画面に戻る」といった操作ができるボタンなどを表示するエリアと考えられます。

今回の写真のように、画面全体を使えるのは写真を表示したり、動画を再生したりする場合でしょう。

そもそも今回の「iPhone 8」とされるものが、本物の設計・デザインを忠実に再現したものであるのかは不確実です。しかし、リーク情報を扱う別の人物も同様のデザインの模型をiPhone 8として紹介していたことから、確度は高そうです。
→ iPhone 8のデザインが確定か

参考

@VenyaGeskin1 - Twitter