Appleのエンジニア3人が起業し、Apple出身者50名が入社した、自動車のナンバープレートフレーム型のバックカメラを製造するPearl Automationが倒産した、と海外メディアAxiosが報じています。資金繰りの悪化が原因のようです。

Apple出身の技術者3人が共同創業

Pearl Automationは、2014年にAppleの元技術者3人が共同創業し、社員約80名のうち50人がAppleのデザイナーや技術者が占める企業です。
 
2016年6月に初の(そして唯一となってしまった)製品である「RearVision」を発表、同年9月に発売していました。
 

 Axiosは事情に詳しい関係者からの情報として、「RearVision」の販売が思わしくなく、資金繰りが悪化したことが原因と報じています。
 
同社には、複数の買収提案があったものの、会社を解散することを選んだと伝えられています。

高価格が販売に影響か

「RearVision」は、旧型車にも簡単に取り付けられ、iPhoneなどの画面にワイヤレスで映像を表示できる魅力的な製品として、ベンチャーキャピタリストから5,000万ドル(約55億円)の投資と期待を集めていました。しかし、500ドル(約55,000円)という割高な価格がネックとなりました。
 

 
Appleから転身したPearl Automationの社員たちはThe New York Times紙のインタビューに、「Appleでの、自分の担当も分からない細分化された仕事よりも、やりがいを感じる」と語っていました。

 
 
Source:Axios
Photo:The New York Times

(hato)