スピースが世界ランク3位に浮上(撮影:GettyImages)

写真拡大

<男子世界ランキング>
最新の男子ゴルフ世界ランキングが更新され、米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」でバンカーからのチップインバーディで勝利を収めたジョーダン・スピース(米国)が前週の6位から3位に順位を上げた。
【PGAツアー動画】スピースがバンカーから劇的なチップインバーディ!
首位はダスティン・ジョンソン(米国)がキープ。松山英樹は前週と変わらず2位にランクインしている。ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)がスピースに抜かれ、1つづつ順位を落とした。
日本勢は谷原秀人が前週と変わらず51位。池田勇太は1ランクダウンの60位、小平智が113位、宮里優作が122位となっている。

【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(12.60pt)
2位:松山英樹(8.14pt)
3位:ジョーダン・スピース(7.74pt)
4位:ローリー・マキロイ(7.72pt)
5位:ジェイソン・デイ(7.28pt)
6位:セルヒオ・ガルシア(7.19pt)
7位:ヘンリック・ステンソン(6.74pt)
8位:アレックス・ノレン(6.24pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.79pt)
10位:ブルックス・ケプカ(5.60pt)
51位:谷原秀人(2.59pt)
60位:池田勇太(2.22pt)
113位:小平智(1.36pt)
122位:宮里優作(1.30pt)
146位:片岡大育(1.13pt)
152位:藤本佳則(1.08pt)
153位:今平周吾(1.08pt)
159位:石川遼(1.05pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

想定内のチップインで勝利したJ・スピースの強さと賢さ【舩越園子コラム】
ジョーダン・スピースがポイントランク4位に浮上、松山英樹は変わらず2位
「自分が強くなるために」苦境の今、石川遼が思うコト 独占インタビュー#1
シード獲得へ試合数増 アン・シネの気になる今後のスケジュールは?
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!