雨の日のユウウツな気分も晴れそう♪ ハウステンボス「アンブレラストリート」は昼夜両方楽しめる絶好の撮影スポットなのです

写真拡大

沖縄県は一足お先に梅雨明けしたものの、日本列島はまだまだ梅雨真っ盛り。梅雨といえば傘ですが、長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」のアトラクションタウンに、傘をフィーチャーした美しいスポットがあるようなんです。

約130mの通り、その頭上にずら〜っと飾られているのは、7色の傘およそ1000本!

【ぜーったい写真に撮りたくなる!】

傘そのものの彩りや、降り注ぐ光で輝く様子が美しいこの場所の名は「アンブレラストリート」。晴れの日は日差しをやわらげ、雨の日は雨粒から身を守ってくれる。さらに、夜は音楽に合わせて光が降り注ぎ、園内イチの撮影スポットと言っても過言ではないかもしれません♪

【見つけたらラッキー? 「ハートのアンブレラ」】

この「アンブレラストリート」を歩けば、沈んだ気持ちもまたたくまに吹っ飛びそう。昼と夜で表情が異なるため1日中楽しめるし、なんてったってフォトジェニックだから、SNS活動も捗りそうです。

「ハウステンボス」ホームページの情報によれば、傘の中にはハート型をした「ハートのアンブレラ」なるものが混じっているのだそうで、運よく見つけることができたらイイことあるかも?

またカラフルな傘が大胆に積み重ねられた「アンブレラのオブジェ」も新たに登場しているようなので、足を運んだ際にはぜひとも、立ち寄ってみたいですねぇ。

【実物を間近で見てみたい〜!】

太陽の日差しを傘が優しく受け止めているかのような昼間の光景も素敵だけれど、わたし個人としては、異国情緒をも感じられる幻想的な夜の光景のほうが好みです♪

他では見られない傘の絶景。この場所を見るために、足を運んでみるのも悪くないかもしれませんねっ。

参照元:プレスリリース、ハウステンボスリゾート、YouTube、Instagram @huistenbosch_official、Instagram #アンブレラストリート
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画を見る