コロンビア・コリナスで、武器を片手に持った同国最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)のメンバー(2017年6月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】コロンビア最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)は26日、半世紀に及ぶ内戦を終結させる武装解除を正式に完了した。武装解除の監視に当たってきた国連(UN)が発表した。

 国連の声明によると、監視団は武装解除キャンプで移行期の安全のために対象外とされた一部を除いて「登録された武器すべてを回収した」。

 FARCの武装解除は2016年に締結された和平協定に従ったもので、中南米で最も長く続いた内戦がほぼ完全に終結した形となる。
【翻訳編集】AFPBB News