学生の窓口編集部

写真拡大

映画が好きな人なら、「自分でも映画を監督してみたい」と思うこともあるでしょう。しかし、商業映画の監督になるのは非常に難しいことです。特に多くの劇場で公開される映画の監督になるのは至難の業です。今回は(実写)映画の監督になるにはどうすればいいかについてご紹介します。

異業種から映画監督にオファーされる人も増えているなど、映画監督になる方法もいろいろです。どのような人が、どのようなパスを通って監督になったのかを見てみましょう。

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

■昔ながらのパス、助監督から映画監督に!

かつては映画はエンターテインメントの最高峰でした。各映画会社が映画製作スタジオを持って大量のスタッフを雇用していた時代があったのです。そのころは、映画監督になるには、まず演出部に入って助監督を務め、映画の製作・演出について修業するのが一般的でした。その後に映画監督として指名されるのを待つのです。

助監督といっても、サード⇒セカンド⇒チーフと、経験・力量によってその地位は分かれています(サードの下にフォースがいることもあります)。チーフの助監督になって、やっと次の監督への道が開けるのです。このようなスタジオの育成システムが機能していた時代には、まず助監督になってサードから修業を始めることが監督になる第一歩でした。

現在でもその名残がありますが、映画監督になるのにまず助監督、という道はかつてのように唯一のものではなくなっています。異業種出身の新人監督、またテレビ業界出身の監督が映画監督を務めることが多々あるため、映画製作たたき上げの助監督が補佐でらつ腕を振るう、ということも珍しくありません。

『無限の住人』(2017年)など多くの映画で監督を務める三池崇史さんは、今村昌平さん、西村潔さん、村川透さんなどの監督の下で助監督を務めました。その仕事の中で手腕を見いだされ『新宿黒社会』(1995年)で劇場用オリジナル映画初監督となります。多作で知られる三池監督ですが、助監督として働いた経験が八面六臂(ろっぴ)の活躍の原動力となっているのでしょう。

■コンテストから映画監督に!

映像作家としての才能を発掘するためのコンテストに自主映画を撮って応募し、そこで評価されるというのも映画監督になる方法の一つです。
新人発掘を目的とする最も有名なコンテストは『ぴあフィルムフェスティバル』(Pia Film Festival)です。現在まで続くこの歴史あるコンテストは、1977年の『第一回ぴあ展』内で行われた「第一回自主映画展」に始まります。

「PFFアワード」入選者として評価され商業映画の監督に進んだ人の中には、石井聰亙さん、森田芳光さん、黒沢清さん、中島哲也さん、園子温さん、塚本晋也さんなど、そうそうたる人が並びます。このコンテストで入選することは、映像業界で注目を浴びることでもあるのです。

■テレビ番組の演出・ドラマの監督から映画監督に!

テレビ番組のディレクターを振り出しに、やがて演出を手掛けるようになり、そこで実績を積んで映画監督を任されるようになった、という人もいらっしゃいます。堤幸彦さんは、このパターンで有名な映画監督の一人です。
堤さんはディレクターとしてテレビ番組に携わることから出発。CMやプロモーションビデオの演出を担当し、1988年オムニバス映画『バカヤロー! 私、怒ってます』内の1作で(劇場映画の)初監督を務めます。『金田一少年の事件簿』で演出手腕が注目され、以降多くのテレビドラマ、映画の監督を任されるようになります。

他にも、テレビ番組の演出・監督出身の映画監督といえば、『相棒』シリーズの和泉聖治さん、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行さん、『ガッチャマン』の佐藤東弥さん、『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男さんといった方々が有名ですね。

テレビドラマを映画化するときには、テレビ版を手掛けていた監督が引き続き務めることが多いので、映画監督デビューを考えるのであれば、テレビ局に入ってドラマの演出を手掛けるようになるのが一番の早道かもしれません。

■演劇の世界から映画監督に!

劇団の主宰から映画監督の仕事をするようになった、という人もいらっしゃいます。最も有名なのは三谷幸喜さんでしょう。
三谷さんは『東京サンシャインボーイズ』という劇団の旗揚げに参加。当時は役者もこなしていましたが、テレビ番組の構成作家の仕事を行うようになります。その後、テレビドラマ『振り返れば奴がいる』で脚本家として注目され、自作の映画化が進む中、1997年『ラヂオの時間』で初の映画監督を務めます。以降もコンスタントに映画監督をこなしていらっしゃいます。

鴻上尚史さんは劇団『第三舞台』の主宰でした。1981年に公演された『朝日のような夕日をつれて』はそのおもしろさ、斬新さで観客にインパクトを与え、小劇場ブームでの伝説となっています。脚本家・演出家として注目され、またラジオのパーソナリティーなどで才人ぶりを発揮。1989年には『ジュリエット・ゲーム』で初監督に。現在までに5作品で監督を務めていらっしゃいます。

三谷さん、鴻上さんの二人は、劇団活動の中、脚本家・演出家としての優れた手腕に注目され、映画監督を依頼されるようになった点が似ています。このような劇団から映画監督へ、という人はこれからも登場するのではないでしょうか。

■異業種から映画監督に!

異業種から映画監督を任される人もたくさんいらっしゃいます。最も有名なのは北野武さんでしょう。コメディアン・ビートたけしとして一世を風靡(ふうび)し、『その男、凶暴につき』(1989年)で初監督ながら圧倒的な力量を見せつけました。以降も監督作品を世に送り出し続け、その作品は海外でも高く評価されています。同じお笑い界では、松本人志さんも映画監督を務めていますね。

大ヒット作『シン・ゴジラ』(2016年)を監督した庵野秀明さんは、アニメ制作出身ですが『ラブ&ポップ』(1998年)、『式日』(2000年)、『キューティーハニー』(2004年)と実写映画でもキャリアを積んでいらっしゃいます。同じアニメ制作出身では、押井守さんも『紅い眼鏡/The Red Spectacles』(1987年)を皮切りに、『GARM WARS The Last Druid』(2016年)まで多くの実写映画で監督を務めています。

あまり知られていないかもしれませんがミュージシャンでも映画監督を務めた人がいらっしゃいます。

・さだまさしさん
 『長江』(1981年)
・小田和正さん
 『いつか どこかで』(1992年)
 『緑の街』(1998年)
・桑田佳祐さん
 『稲村ジェーン』(1990年)
・石井竜也さん
 『河童 KAPPA』(1994年)
 『ACRI』(1996年)

といった作品があります。ジブリ映画の音楽で有名な久石譲さんも『Quartet カルテット』(2001年)で映画監督を務めました。

『日本沈没』(1973年)『八甲田山』(1977年)などの大作映画でカメラマンを務めた木村大作さんは、『劒岳 点の記』(2009年)で初監督。木村さんの場合、異業種ではありませんが、カメラマンから監督という異色の経歴といえるでしょう。
このような異業種でも監督をオファーされるのは、その分野で素晴らしい活躍をしている人ばかりです。特にエンターテインメント業界で多くのファンを魅了している場合には、監督の話が来やすいものなのでしょう。

映画監督になるにはどうすればいいかについて解説しました。現在では、映画監督になる方法もさまざまです。もし、あなたが自主映画を撮っているのであればコンテストに応募するのが早道かもしれません。また、テレビドラマのディレクターから始めて演出家を目指し、そこから監督になるというのも有力な道ではないでしょうか。

(高橋モータース@dcp)