体験型恐竜ライブ「ディノサファリ」の様子(写真:つのだよしお/アフロ)

写真拡大

 2017年春。あるニュースが“恐竜メディア界”を騒がせた。

「恐竜の分類」にかかわる新仮説を提唱する論文が発表され、それが大きく報じられたのだ。たとえばインターネットメディアでは、AFPBB Newsが3月23日に「恐竜の進化史書き換えか 『革命的』新系統樹、英チームが発表」と報じ、同月27日に財経新聞は「恐竜の誕生と系統に関する、定説を覆す新仮説」と題した記事を発表した。その後も、4月19日には共同通信が「肉食恐竜ティラノの分類に新説 トリケラトプスと近縁か」という記事を配信している。

 これに焦ったのは、紙媒体を主戦場とする方々である。筆者の下にも、公式・非公式に問い合わせが相次いだ。特に図鑑制作に携わる人々にとっては、「分類が変わる」は大ごとである。今、販売中・制作中の図鑑が一気に古くなってしまうかもしれない。少なくとも、読者がそう考えてしまう可能性がある。売れ行きを左右しかねない事態だ。いったい、どのように対処すべきなのか。

 夏がやってきて、今年も何かと恐竜関連のイベントが多くなるだろう。今回は、恐竜メディア界を騒然とさせた新仮説に関して、現時点での情勢をまとめてみよう。

●そもそも、恐竜類には2大グループがある

 さて、今回のニュースがどれだけインパクトがあるのか、ということについては、多少の前提知識を必要とする。

 恐竜類というグループは、「2つの大きなグループに分けることができる」と考えられてきた。ひとつが「竜盤類」。もうひとつが「鳥盤類」である。

 竜盤類とは、トカゲ型の骨盤を持つグループのことだ。この中をもう少し細分化すると、長い首と長い尾を持つ四足歩行の植物食恐竜グループである「竜脚形類」と、ティラノサウルス(Tyrannosaurus)に代表される肉食恐竜を含む「獣脚類」に分けられる。昨今、「鳥類は恐竜類の1グループ」という考えが定着してきている。その鳥類は、獣脚類の中の1グループとして位置付けられている。

 一方の鳥盤類は、多種多様な植物食恐竜を含んでいる。有名どころでは、前述の共同通信が言及したトリケラトプス(Triceratops)に代表される「角竜類」。ほかにも、背中に骨の板を並べて尾に太い棘をもつステゴサウルス(Stegosaurus)に代表される「剣竜類」。そのほか、「堅頭竜類」「鎧竜類」「鳥脚類」などが鳥盤類には含まれている。

 この2大分類は1887年に提唱されたもので、その後、1世紀以上も現役の分類法として使われている。恐竜に興味を持つ人々は、まず、その大分類に竜盤類と鳥盤類があることを学ぶ。そして、竜盤類の中に竜脚形類と獣脚類があること、鳥盤類の中に多様な植物食恐竜のグループがあることを学んでいくのである。

●ティラノとトリケラトプスは本当に“近縁”?

 イギリスの学術誌「nature」に、イギリスのケンブリッジ大学に所属するマシュー・G・バロン博士たちが発表した2017年3月の論文は、130年間にわたって連綿と続いてきた、この恐竜類の大分類に異を唱えるものだった。

 バロン博士たちは、74種類の恐竜と457の特徴をコンピューターに入力して分析した。その結果、竜盤類を構成していた竜脚形類と獣脚類はかなり初期の段階で袂を分かち、獣脚類はむしろ鳥盤類とともに同じ大グループをつくっているということが明らかになったという。

 つまり、ざっくりいえば、竜盤類は竜脚形類だけのグループとなり、獣脚類と鳥盤類からなる大きなグループが創設されたことになる。バロン博士たちは、この新たなグループに対して、「Ornithoscelida」という名称を提唱している(和訳語はまだない)。

 まさに、恐竜に関する教科書に書き換えを迫るといっても過言ではない結果である。また、共同通信の「ティラノサウルスがトリケラトプスと近縁か」という趣旨のタイトルは、「獣脚類と鳥盤類が、『Ornithoscelida』というひとつのグループにまとめられる」ということに由来するものだろう。

 もっとも、新たに示された系統樹でも、鳥盤類と獣脚類はかなり早い段階で別れて進化しているので、恐竜時代の末期に登場した鳥盤類のトリケラトプスと獣脚類のティラノサウルスを「近縁」と表現している点については、個人的には大きな違和感があるところだけれど(1億年以上前に別れた動物を「近縁」とするのは、誤解を招きそうな表現だと思う)。

“恐竜学者”として知られる北海道大学総合博物館の小林快次准教授は、「かなり挑戦的な研究といえます。これまでの固定概念である2大分類にチャレンジしたこの研究は、今後の議論の呼び水になるかもしれません」と話す。そして、「ただし、今すぐに恐竜類の分類が変更されるというわけではありません」と続けた。

●図鑑や教科書の書き換えは必要ない?

「恐竜に限ったことではありませんが、特定の生物グループの“祖先形”と呼ばれるものたちについては、まだ化石情報が少ないのです」と小林准教授。

 今回の研究では、獣脚類と鳥盤類がひとつのグループとされ、竜盤類は竜脚形類のみとされている(実際の論文は、もうちょっと複雑なものではあるが)。そして、これらのグループの誕生は、初期の恐竜類が登場した三畳紀中期から後期とされているが、この時代の恐竜化石は、まださほど多くは見つかっていないのである。

 しかも、研究手法が「特徴を見いだし、コンピューターで分析する」というもので、「特徴を見いだす」という時点で、多少なりとも恣意的な判断が加わる。なんら新発見の化石があったというわけではなく、「手法」による部分が大きいのである。

 こうなると「“定説”を覆す」かどうかについては、大々的な議論が必要になるだろう。

 各種報道では、さも明日にでも恐竜類の分類に変更が必要な物言いだったが、まずは、今回の論文のタイトルに注目してみてほしい。「A new hypothesis of dinosaur relationships and early dinosaur evolution」である。

「A new hypothesis 」(ひとつの新仮説)

 つまり、いかにインパクトのある論文であったとしても、これは「仮説」であり、教科書の書き換えを迫るような、いわゆる「定説」ではない。筆者に問い合わせてきた業界関係者にも、まずはそのことを説明し、「まぁ、落ち着いてくださいよ」と説明した(ほかにも、内々にいくつかの安心できる要素は伝えている)。もっとも、報道でも「仮説」であることには触れているのだが……。

 そもそも論文とは、発表された段階でそれが“決まり”になるというものではなく、その後、長い議論が続いて教科書に載るような“みんなが納得する定説”へと昇華していく。

 まさに小林准教授が指摘するように、今回の発表は「議論の呼び水」となることはあったとしても、それ以上のものでは決してなく、一般向けの図鑑などで書き換えが必要になるものではない。「強いて言えば、コラムに載せる」あたりが妥当なところだろう。もっとも、それも「強いて言えば」という段階である(発表される論文のすべてをコラム化していたら、ページ数がいくらあっても足るまい)。

 いずれにしろ、こうした論文が出たことは事実だ。遠からず、これを支持する論文や反対する論文が発表され、研究者間での議論が活発化していくことだろう。データとなる化石が少ないという点で、「じゃあ、もっと初期の恐竜の化石を探そうじゃないか」という動きが出てくるかもしれない。その意味で、今後の展開に注目である。
(文=土屋健/オフィス ジオパレオント代表、サイエンスライター)