お金持ちになりたいなら必須の 「本当のリスクのとり方」とは?

写真拡大

誰もが、自分のこれからの人生を考えたとき、「お金持ちになって、お金で困らない人生を手に入れたい」と一度は思ったことがあるのではないだろうか。ただ一方で、「才能も、コネも、学歴も、そしてお金もない私では……」と落ち込んだ経験もある――。
そんな人に朗報がある。「才能、コネ、学歴、お金」に関係なく、お金持ちになる方法が実は存在したのだ。
数多くの富裕層に直に接してわかった「お金持ちになるための法則」がまとめられた新刊『世界のお金持ちが20代からやってきたお金を生む法則』から、一部抜粋して紹介する。

お金持ちは「どんな条件」ならリスクを取るのか?

 実はリスクという概念は、時間の感覚と密接な関係があります。時間の把握や認識が上手になるとリスクの管理も上手になってくるのです。20代のうちに時間に対する感覚を身につけることができれば、それは大きな武器になっているはずです。

 以前、ホリエモンこと堀江貴文氏が、「上場というのは、将来の利益を先取りすること」だと発言していましたが、その意味を理解している人は多くありません。

 そもそも会社の株式にはなぜ価値があるのでしょうか。

 もし株価の水準が、会社が持っている現金や土地といった資産の価値しか反映していないのであれば、資産額が同じであれば株価も変わらないはずです。しかし株価というのは日々、大きく上下に動いています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)