よく聞くようになった「こじらせ女子」という言葉。こじらせ体質だときっと恋愛もなかなか思うようにはいきませんよね?
そこで今回はこじらせ女子の特徴を紹介。もしかしたらあなた自身、けっこうこじらせているかもしれませんよ!?

好意を感じると逃げる

男子に追われると逃げたくなるという女子は、自分から追う恋愛じゃないとダメ! というタイプじゃないでしょうか? 恋愛がうまくいかない理由はそれかもしれません。せっかく好意を持ってくれている人がいるのに逃げてばかりでは、いつまでたっても恋愛が進展しません。
攻めの恋愛も楽しいかもしれませんが、受け身になることも大事。ただ受け身も度が過ぎて一歩引く姿勢では、それはそれでこじらせるので難しいところなのですが……。

素直な気持ちを伝えられない

「いい女」のフリをしたいのか、ただ彼に嫌われたくないのか、彼との間で気になることがあっても平気なフリをする女子。それけっこう「こじらせ女子」です。彼に自分の素直な気持ちを伝えられない……という女子もいるかもしれないですが、素直な気持ちを言ってもらえない彼もツラいのです。
また、素直な気持ちを伝えられない女子って褒められても素直に喜べないですよね。そのため彼も、あなたにプレゼントやサプライズをしてもあまり喜んでもらえないとなると『あまり嬉しくなかったのかな……』と、しょんぼり。こじらせ女子を脱したいのなら気持ちは恥ずかしがらず素直に表現しましょう。

本当は甘えたいのに甘えるのが苦手

本当は人に甘えたいのに気づけば頼りがいのあるアネゴタイプだったり男前な女子と思われている……という「こじらせ女子」もいるはず。
たぶんそういうこじらせ女子って甘えるのがヘタで、どちらかというとお母さんのような面倒見のいいタイプなんですよね、自分よりも他人を優先させがちというか……。だから甘えるというよりも甘えられるというポジションになりがち。
こじらせ女子を脱したいのなら素直な気持ちを言うのも大事だけど、素直に人に甘えるのも大事!

ダメンズばかり好きになる

毎回好きになるのがダメンズばかり……というこじらせ女子もいるはず。きっと「私がいなきゃこの人はきっとダメだ……」となるのかもしれませんが、自分ばかりを犠牲にする恋愛では心が疲れるだけです。
たぶん恋愛中は彼に夢中でそれを感じないのかもしれませんが、お互い支え合う恋愛じゃないと長くは続かないし、あなたに頼りっきり、あなたをツラい目に合わせるような男子はきっとあなたのことを愛してはないです。

自分の欠点で笑いを取る自虐タイプ

言わなくていいのに、自分から自分の欠点を言って笑いを取る女子もいますよね。周りからは面白くて明るい人! と思われるかもしれませんが、男子からは恋愛対象外にされやすいです……。場を盛り上げるのはいいですが、自虐のしすぎで女性としての魅力が欠けてしまうと男子も異性としては見ないのです。