充実のデートへの布石!デートでは「最初の第一声」で彼を喜ばせて

写真拡大



彼氏や気になる男子とのデート。待ち合わせのときの第一声で、あなたはどんな言葉を発していますか?今回は、「デートのしょっぱなからテンション上がっちゃう女子の第一声」をご紹介しますので、ぜひ参考にして、「今日のデート、がんばっちゃうぞ!」と思わせてくださいね。20代男子30人に協力してもらいました。

■1.「○○くーん!」

「最初に会った瞬間、『あ、○○くん!』って名前を呼んでもらえるとテンション上がるかな。俺と会うのを本当に楽しみにしてて、だからこそ俺を見つけた瞬間に、思わず名前を呼んじゃった感がするので」(医療関係/24歳)

これは無意識にやってる人もいるかもしれませんけど、ぜひおすすめです。デート中は、ぜひ男子の名前(あだ名とか、親密な呼び方であればあるほどグッドです)をたくさん呼んであげてください。仲がいいからこその呼び名は、呼ばれるたびにドキッとしてしまいますからね。

■2.「早く来ちゃったー」

「楽しみすぎて、早く着いちゃったみたいなのもかわいいと思う。よほど楽しみにしてないと、待ち合わせ時間よりも早く到着するってことはないと思うので」(大学生/22歳)

わざわざ「○分待ったよ」みたいな伝え方をする必要はないけど、こんなふうに、「勝手に早く来て待ってた」というのは存分にOKです。遅刻すればするほど悪印象なのと反対で、早く来ればくるほど好印象ということですね。ただ、何時間も前に早く着いちゃうと、完全にサイコなので、加減はしてくださいね。

■3.「すぐ見つけちゃった」

「渋谷駅とかで待ち合わせしても、彼女がすぐに俺のことを見つけるので、さすがだなっていつも思います」(大学生/21歳)

好きな人って、どんなに遠くからでも、どんなに人混みの中でも、瞬時に見つけられますよね(笑)。「おはよー」と声をかけられるまでスマホをいじって待つんじゃなくて、キョロキョロして、見つけたら遠くからでも手を振って、みたいなのがかわいいわけです。

■4.「ここ行きたい!」

「プランがなんとなく決まってないデートで、最初に『今日はここ行きたいと思って!』みたいにスマホ見せられると、その子のデートへの気合みたいなものが伝わるので嬉しい」(ウェブ系/24歳)

ライ○ップじゃないですが、コミットはやる気の表れですから、いつもは男子任せなデートプランでも、たまにでいいので自分から提案してあげることで、「私もあなたとのデートにコミットしてますよ」というのが伝わっていいですね。待ち合わせ中、スマホをいじってると見せかけて実はお店探しというのも、いい意味でのサプライズです。

■おわりに

男子も待ち合わせの瞬間は、やっぱりドキドキして現れるんですよね。そこで、「この子も楽しみにしてくれてたんだ!」と思わせられるか、もしくは、「俺だけだったか……」と思わせるかは非常に大きな違いがあります。スマホをいじりながらただなんとなく時間をつぶすだけの待ち合わせは、今日でおしまい!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)