1968年1月に北朝鮮の武装ゲリラが韓国青瓦台(大統領府)襲撃のためソウルに侵入した事件を受け、通行が規制されていた青瓦台前の道が26日、約50年ぶりに全面開放された。開放されたのは、青瓦台記者室のある春秋館と青瓦台の正門前の噴水広場を東西につなぐ道。これまでは午前5時半から午後8時までの開放で、夜間は一般市民の通行を制限し、昼間には周辺の5カ所に設置された検問所で警察が行き交う市民を検問していた。同日夜に開かれた記念イベントには多くの市民と共に文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏も出席し、全面開放を祝った=(聯合ニュース)