結婚しても、子どもがデキても、1人の“オンナ”でいたい。そんな欲深き女性は、いくつになってもキラキラしていたい願望が強いもの。

「たった1度の人生だから、不倫もアリ。」

そんな考えを持った既婚女性は、少なくないといいます。でも、家庭という守るべきものを持った女性たちは、どうやって男性と結ばれているのでしょうか?



出典:Nosh

不倫経験のある20〜40代“肉食系”既婚女性たちに、「オトコを落とすときによく使うフレーズ」をこっそり暴露してもらいました。

 

■「○○くんの彼女/奥さんになりたかった」

「相手が彼女持ち、既婚者だって分かったときは、“○○くんの彼女さん、羨ましいな”と褒めちぎる。もし何らかの反応があったら、続けて“私もそのポジション、狙っちゃおうかな?”“彼女になりたかった”と冗談っぽくLINEしてみることも」(30歳/事務)

パートナーのいる男性を狙うなんて本来ならタブーですが、既婚女性にとっては都合のよい相手に映るようですよ。

彼女という立場からすると、かなり手ごわい恋敵……! 「私の彼氏に限ってそんなことはない」と過信せずに、カレの交友関係をチェックしておきましょう。

 

■「結婚していたら、ダメかな?」

「同じ職場だし、既婚者だってことは百も承知の上で関係を持つことに……。でも、深い関係になってから1カ月経ったとき、“もうこれ以上、会うのはやめよう”って言われたから、“結婚していたら、ダメかな?”“私にとって○○くんは特別な存在なの”とカレを引き留めた」(33歳/IT)

深い関係になってから、「結婚していたら、ダメ?」とLINEで詰め寄るなんて、まさに魔性の女……! 一度釣った魚を絶対に逃さない上級テクニックの1つです。

積極的なだけでなく、ちょっぴり首を傾げて可愛らしさを演出する既婚女性にアプローチされたら、男性はお手上げかもしれませんね。

 

■「夫とうまくいっていない」

「家庭の話をする機会ってほどんとないけど、聞かれたら“うまくいっていない”“別れる準備をしているところ”と答えているかも。だって、夫婦円満なんて言ったら、振り向いてくれないでしょ?」(36歳/医療関係)

不倫男たちもよく使うこのフレーズ。実は既婚女性たちも「離婚危機」「夫とはご無沙汰だから」と言って、相手を安心させているといいます。

何とも罪深い発言ではありますが、男性側も「たとえウソでも、構わない」と割り切っているケースが多いのかもしれませんね。

 

いかがでしたか? 既婚女性からも、思わずゾッとするようなゲスLINEが明らかに……。不倫男が若い女性を追いかけるように、狙った獲物を確実に落とそうとするハンター精神は、男も女も変わらないようですね。

【取材協力】

※ 20〜40代既婚女性

【関連記事】

※ ムラムラが止まらないの♡彼が喜ぶ「お誘いLINE」3選

※ ソワソワ…!男性が「早く会いたい」と感じる彼女からのLINE

※ ムラムラしちゃう!彼氏を「エッチな気分」にさせるLINEテク

※ ムラムラしちゃった…!男が思わずニヤけたLINEエピソード

※ もうメロメロ!エッチの後に男を喜ばせるLINEテクニック

※ 褒めてその気にさせる!「カラダ目当て」な男が送るお誘いLINE