Appleは、毎年開催されている性的マイノリティの人権保護イベントに今年も参加し(Pride 2017)、サンフランシスコ、ニューヨーク、トロントの3都市でパレードを行いました。ティム・クック最高経営責任者(CEO)も自身のTwitterでイベントを祝福しました。

今年はレインボーカラーのAppleロゴTシャツを配布!

Appleは2014年から性的マイノリティの人権平等を訴える「Pride」パレードに参加しており、昨年からは参加従業員にApple Watchバンドなどを配布しています。
 
今年は、レインボーで縁取られたAppleロゴのプリントTシャツをイベント参加者に配布しました。
 
また、Appleは今月初めにはレインボーカラーのApple Watchバンド「プライドエディション」について、収益の一部をLGBTQをサポートする団体などへ寄付することを明らかにしています。

ティム・クックCEOもツイートで祝福


 
ティム・クックCEOもTwitter(@tim_cook)で、写真を添えて「世界中のすべての従業員とその家族、そして顧客」に向けてPride 2017を祝福しました。
 
ティム・クックCEOは2014年10月に同性愛者であることを告白しているほか、2016年4月には人権保護団体の理事にも就任しています。
 
もっと今年のイベントの様子を見てみたい方は、9to5Macが参加者の画像付きツイートをいくつかまとめているので、是非チェックしてみてください。
 
 
Source:9to5Mac
(nanakaba.n)