NTTドコモは、訪日外国人向けのデータ通信プリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」の提供を2017年7月1日から開始すると発表しました。サービス利用は基本的に有料ですが、事前に一定の条件を満たせば無料で利用することも可能です。

ドコモの通信ネットワークを15日間利用可能


 
Japan Welcome SIMは、事前に専用サイトから申し込みを行うことで、訪日後にドコモの通信ネットワークを15日間利用できるサービスです。
 
対象者は満20歳以上の訪日外国人旅行者で、申し込み専用サイトは英語・中国語・韓国語・タイ語・日本語の5言語に対応しています。
 
SIMは通常インターネット接続をする際に必要となるAPN設定が不要となっているので、受け取り後はSIMフリーのスマートフォン等に差し込めば、すぐに使うことができます。

事前に広告閲覧等を行えば無料で利用可能

Japan Welcom SIMは、「プラン0」「プラン1000」「プラン1700」の3つの料金プランを揃えています。
 
プラン0は、訪日前に広告閲覧やアンケート回答等を行うことで、128kbps通信を無料かつ無制限で利用できるプランです。
 
プラン1000は1,000円(税別)の利用料で128kbps通信を無制限で行うことができ、プラン1700は1,700円の利用料で最大682Mbps通信を500MB分、128kbps通信を無制限で利用できます。
 
各プランは、広告閲覧等を行えば無料でデータ通信量のチャージを行えるほか、200円(税別)で100MB分、700円(税別)で500MB分の有料チャージも可能です。
 
プラン1000とプラン1700は2017年7月1日から、プラン0は2017年10月頃より提供開始予定となっています。
 

またドコモは2020年の東京五輪に向けて、インバウンド向けビジネスを行う企業と提携し、JAPAN Welcome SIMを宿泊プランやツアー内容などに組み合わせて販売する取り組みを開始することも発表しています。
 
 
Source:NTTドコモ
(kotobaya)