▽ファジアーノ岡山は26日、25日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の松本山雅FC戦において、サポーターによる不適切な行為があったことを発表した。

▽岡山の発表によると、松本平広域公園総合球技場(アルウィン)で行われた松本戦の試合前、岡山のサポーター3名が挑発行為、SNS上での不適切な書き込みを行っていた。クラブは既に該当者を特定しており、該当者に対し厳重注意を行うことが決定したとのことだ。

▽岡山は今回の件について「松本山雅FCのファン・サポーターの皆さま、ならびに松本山雅FCの関係者の皆さまに、不快なお気持ちとご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と公式サイト上でお詫び。「ファジアーノ岡山では、安全で快適なスタジアム運営を目指しており、今後もJリーグと弊クラブがともに掲げるソーシャル・フェアプレーの浸透に向けた活動を継続し、再発防止に努めてまいります」と声明を出した。