現状を語る石川遼(撮影:福田文平)

写真拡大

はた目から見れば、苦境にいると言っていい。今季公傷制度を利用してシード確保を目指す石川遼は保障された20試合をあと“4”まで減らしながら、直近7試合で6度の予選落ちを喫するなどシード確保は崖っぷちに追い込まれている。
FedExカップポイントではシード獲得ラインまで262pt(現在137pt)と残す試合で上位フィニッシュが求められる状況。仮に4試合を終えて今年のシード確保に失敗しても出場権が回ってくる試合はあるが、2017-18シーズンのシード権へ向けても逆風の中にいることは間違いない。結果の出ない今、どんな思いで過酷なツアーを戦っているのか。オープンウィークで調整を続けている石川を尋ねた。ALBAインタビューの第1回目(全3回)。
石川遼の今季ベストショット!バックスピンでスーパーイーグル
―― 現状、結果だけ見れば厳しい状況だが。自身はどうとらえている?
正直、今の時期にやっぱり結果とか客観的な見方はあると思うけど、自分の中で感じている光みたいなものがゴルフにあって。ドライバーからパッティングまで。今が一番自分が強くなるために必要な時期なんじゃないかなと思っていますね。
結果が出ない時期は誰にでもあると思う。そういう時でも、自分の良さは追求できることだと思う。そこをなくしたくないなと思っていて。今までも、良い時でも悪い時でもどうやったらうまくいくかな、という追及を欠かしたことなかった。スイングも考え続けていた。悪いとき、結果が出ていなくて、上手くいかない時こそそういうのが必要かなと思います。
―― 取り組んでいるもの。求めているもの。
ゴルフのスコアってほんのちょっとのことで変わってしまうんで、スコアが良いから楽しいとかそういうシンプルなことではない。結果はゴルフの状態を教えてくれるものであって、それ以上でもそれ以下でもない。優勝するなら優勝するゴルフだったし、予選落ちなら予選落ちというゴルフの状態だったんだなというだけですね。
でも、それですべてが決まるということではなくて、今はドライバーからパッティングまでを次に“良い感触”だなとなった時にもっとドーンといける状態にしたい。
やっぱりショットは自分の思った通りの球で、PGAツアーで通用するような飛距離と球の高さと質。そういうものを今なら追っていけると思うんです。こういう時期に小さくまとまると将来のゴルフを考えた時にマイナス。ゴルフって小さくまとまろうと思ったらまとまれるけど、それは全然先でいいなと。今だからこそできることがたくさんあると思うので、今それをやっているところですね。
「スコアは悪くても光はある―」 第2回に続く
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼の今季成績
石川遼が使用する公傷制度ってどんなもの?
石川遼、米ツアーでの飛躍を見すえた半年間
「こういうプロになりたい…」石川遼も宮里藍に憧れた一人だった
石川遼の歩んできた道をコラムで振り返る