Photo by cinemacafe.net

写真拡大

25日(現地時間)、ロサンゼルスの「ヴァン・イートン・ギャラリー」が開催したオークションに、1,000個以上のウォルト・ディズニー&ディズニーランド関連アイテムが出品された。
中でも注目を集めたのは、1953年にウォルト・ディズニーとハーブ・ライマンがディズニーランドの建設資金を集めるために描いたという、ディズニーランドの古いオリジナル地図。開催前から1億円ほどの落札価格が見込まれていたが、約7,900万円で落札された。とは言え、「Forbes」などのメディアによれば、今回のオークションの落札価格としては最高額であるという。ギャラリーのオーナーの1人、マイク・ヴァン・イートンは「予想通り、この特別な地図は高値で売れました。白熱した競りののち、7,900万円で落札されたのです!」と満足な様子。「長年そうであったように、この地図が今後も高く評価され、大切にしてもらえるだろうと考えると、この上なくうれしいです」と喜びを語っている。

オークションに出品されたアイテムは貴重なものばかりで、アトラクション「オートピア」の初代のゴーカート、「ホーンテッドマンション」のグランドオープニング時のポスター、「キャプテンEO」のマイケル・ジャクソンのオリジナル模型などがあったそうだ。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
【ディズニー】彦星ミッキー&織姫ミニーが新コスで登場!3週間の七夕イベントが開幕
【ディズニー】3つの宝を探せ!ランドの謎解きプログラム「パイレーツ・ミステリー」スタート!
【ディズニー】今年の“Dハロ”は毎日仮装OK!「ディズニー・ハロウィーン」20周年
【ディズニー】いよいよ「ディズニー七夕デイズ」始動!スルー厳禁注目ポイントまとめ
『パイレーツ』世界各国のプレミアにファン熱狂!新映像も到着