わざわざ入力モードを切り替えなくてOK! 英字キーボードの入力を爆速化する3つのコツ:iPhone Tips
英文メールやパスワードを入力する際、英字キーボードを使う人は多いでしょう。その一方、大文字を連続で入力できなかったり、英字から数字への切り替えが面倒だったりと不便に感じる人もいると思います。今回は、キーボードの操作を少し工夫するだけで、スピーディに文字入力できる方法を紹介します。

【ギャラリー】英字キーボードを使いこなすテクニック (6枚)

‖臺源を連続入力したい!

英字モード使用時、大文字を連続入力したい場合は、キーボード上の変換アイコンをダブルタップしましょう。キーボードが大文字仕様に切り替わり、大文字を入力したあとも、従来のように元の小文字に戻らなくなります。


▲キーボードにある変換アイコンをダブルタップ(左)。キーボードが大文字仕様のまま保たれる(右)

大文字を連続入力するには、「Caps Lock」という機能がオンになっている必要があります。デフォルトではオンになっていいますが、念のため「設定」の「キーボード」画面でこの機能がオンになっているか、確認しておきましょう。


▲「設定」を開き、「一般」 「キーボード」の順にタップ。「Caps Lockの使用」のスイッチがオンになっているか確認しよう

なお、大文字の連続入力を終了したいときは、変換アイコンをタップしましょう。小文字仕様のキーボードに戻ります。


1文字だけ数字を入れたい!

パスワードを入力する際、1文字だけ数字を書き込みたいときは、数字モードへの切り替えアイコンを押し、そのまま画面から指を離さずに入力したい数字まで指をスライドしてください。


▲数字モードへの切り替えアイコンを長押し(左)。指を数字にスライドさせる(右)

これで、数字を入力できました。数字の入力が済むと、キーボードは英字モードに戻ります。


▲数字を入力できた。キーボードは英字モードに戻っている

編集部追記:同様の方法で、頭文字など1か所だけ大文字を入力したい場合も、上矢印キーを押したまま目的の文字(アルファベット)まで指をスライドすれば、大文字入力ができます。

1か所だけ記号を入れたい!

使用頻度は上記の2つより低いかもしれませんが、数字モード使用中に記号モードへの切り替えアイコンを長押しすると、1か所だけ記号を入力することができます。メールアドレスやパスワードの入力に活用しましょう。


▲数字モード使用中に、記号への変換アイコンを長押し(左)。使いたい記号に指をスライドする(右)

記号の入力が済むと、キーボードが数字入力モードに戻ります。