キム・スヒョン「リアル」記者会見で軍入隊に言及“時間が許せばもう一作品だけ出演したい”

写真拡大

キム・スヒョンが入隊について言及した。

キム・スヒョンは26日午後、ソウルCGV 往十里(ワンシムニ) 店で開かれた映画「リアル」(監督:イ・サラン) の記者懇談会に出席し「時間があれば、もう一作品出演してから入隊したい」と本音を語った。

「リアル」は「隠密に偉大に」以来4年ぶりに出演した映画で、入隊前最後の作品だと言われている。

これに対し、キム・スヒョンは「僕が作った『リアル』のキャッチフレーズは『キム・スヒョンの20代の代表作』です。昨年撮影したので、そんな風に覚えてほしいです」と「リアル」への愛情を表した。

入隊については「軍入隊は具体的に決まっていません。もし時間が許すならば、ドラマでも映画でもいいので、あとひとつだけ出演してから行きたいです。それ以上望むことはないですね」と打ち明けた。「でも、そのタイミングはもう少し見守らなければならないと思います」と入隊についての立場を明かした。

「リアル」はアジア最大規模のカジノを巡る2人の男性の巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワールで、韓国で28日に公開される予定だ。