サンティラン晶が初出場、日本勢5人が挑む男子予選が26日(月)からスタート [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/予選6月26日〜、本戦7月3〜7月16日/グラスコート)の予選が26日(月)からスタートする。予選はローハンプトンにあるイングランド銀行スポーツセンターで行われる。

 男子の予選ドローが発表され、シングルスの日本人選手は添田豪(GODAI)、伊藤竜馬(北日本物産)、内山靖崇(北日本物産)、守屋宏紀(北日本物産)、サンティラン晶(日本)の5人が名を連ねた。

 添田が第6シードとなり、日本勢はそれぞれ別々のブロックに分かれた。サンティランはウィンブルドン初挑戦となる。

 また、ウィンブルドンではグランドスラムで唯一ダブルスの予選が行われ、日本勢はダニエル太郎(エイブル)がクリストファー・ルンガット(インドネシア)とのペアで出場している。

 男子シングルス予選は128ドローで3回勝ち上がった16名が、男子ダブルス予選は16ドローで2回勝ち上がった4組が、それぞれ本戦への出場権を手にする。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位
(試合予定は状況により変更されることがあります)

◇   ◇   ◇

【予選初日の試合予定(日本人選手)】

Court1
第2試合 MQS-1R 85伊藤竜馬(北日本物産)vs 86マティヤ・ペコティッチ(クロアチア)

Court8
第2試合 MQS-1R 26守屋宏紀(北日本物産)vs 25ルーカス・ラッコ(スロバキア)[4]

Court11
第1試合 MQS-1R 67内山靖崇(北日本物産)vs 68ベンジャミン・ベッカー(ドイツ)

第4試合 MQS-1R 52サンティラン晶(日本)vs 51デニス・クドラ(アメリカ)

Court13
第3試合 MQS-1R 41添田豪(GODAI)[6] vs 42イニーゴ・セルバンテス(スペイン)

Court15
第5試合 MQD-1R 3ダニエル太郎/クリストファー・ルンガット(エイブル/インドネシア)vs 4ヨハン・ブルンストローム/アンドレアス・シーエストロム(スウェーデン)[8]

テニスマガジン/Tennis Magazine