ライブ会場での発表にファン熱狂! (C)UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 ミュージシャンのLiSAが、「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版で声優を務めることがわかった。6月24日、さいたまスーパーアリーナでの2Daysワンマンライブ「LiVE is Smile Always LiTTLE DEViL PARADE」の会場で発表。「ミニオンズ」に続き、シリーズ2度目の参加となる。

 正義のエージェントとして活躍するグルーの前に、最強の敵バルタザール・ブラットが立ちはだかるほか、グルーと相棒のミニオンたちの決別が描かれる第3弾。日本語吹き替え版では、ミニオンがビーチで出会うビーチガール役のLiSAに加え、笑福亭鶴瓶(グルー役)、芦田愛菜(アグネス役)、中島美嘉(ルーシー役)、松山ケンイチ(ブラット役)、いとうあさこ(ヴァレリー役)、山寺宏一(フリッツ役)、宮野真守(クライヴ役)、福山潤(ニコ役)がボイスキャストを務める。

 ライブ会場には約1万6000人の観客が駆けつけたほか、ライブ当日(24日)がLiSAの誕生日だったことから、アンコールにはミニオンたちがバースデーケーキと共に登場。ミニオンが持ってきたくす玉をLiSAが引くと、<祝 吹替キャスト決定!>の文字が現れ、会場は熱狂に包まれた。ミニオンの熱狂的ファンとして知られるLiSAは「映画公開前にグッズも買ってたんだけど、これが1番のプレゼントですね! ちょっとした役なんですけど、ぜひ探してみてください!」と客席に呼びかけ、観客は大歓声でこたえていた。その後、「せっかくなんで、ミニオンたちもラストの曲一緒にやる?」とのLiSAの提案でアンコール曲「best day, best way」を共に披露した。

 なお、すでに公開された本予告では、LiSAが演じるビーチガールが、空から落ちてきたミニオンをナンパする様子が収められている。

 「怪盗グルーのミニオン大脱走」は、7月21日から全国公開。