投稿されたブログ記事

Googleは23日(米国時間)、Gメールやファイル共有などが使用可能なクラウドサービスG Suite(Gスイート)については発表を行い、個人向け「Gmail」において、メール内容のスキャンを停止すると発表した。

 

Gmailでの内容は、表示される広告のパーソナライズ化のために利用されてきたが、今後はスキャンの対象から外される。

 

Gmailは12億のユーザーを抱える巨大なメールサービスだが、ユーザーのプライバシーとセキュリティを最優先とし、今後の広告表示については、YouTubeなどの他のGoogleのサービスと同様のアルゴリズムで表示するとしている。

 

本機能は2017年の後半から運用開始となり、ユーザーは広告のパーソナライゼーションを無効にするなどの設定変更も可能だ。

 

発表資料

URL:https://blog.google/products/gmail/g-suite-gains-traction-in-the-enterprise-g-suites-gmail-and-consumer-gmail-to-more-closely-align/

2017/06/26


▷こちらもおすすめ

格安SIMスマモバ、「解約手続に係る消費者トラブル」等が多発。総務省が行政指導へ

 

ポケモンGOにレイドバトル実装!最大20人でジムから出現するボスポケモンに挑む

 

マクドナルドがウイルスに感染、マルウェアによって「dポイント」や「WAON」が使用不可に