外為どっとコムは、NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ(NDFS)と共同で、人工知能(AI)を用いた短期の価格変動に関する研究を開始した。

写真拡大

 FX(外国為替保証金取引)を取り扱う外為どっとコムは、NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ(NDFS)と共同で、人工知能(AI)を用いた短期の価格変動に関する研究を開始した。外為どっとコムでは、研究の成果を外国為替ディーリング業務に実践的な形で取り込みディーリング収益の向上を狙うとともに、将来的には顧客サービスや取引環境を改善することに活かす考え。

 NDFSは社内にクオンツ部門「先端金融工学センター」を設置し、最先端の金融工学を駆使して高度な金融商品のプライシングやリスク計量化モデルを顧客である金融機関に提供している。また、金融工学の基礎となる数理・統計の知見を基に機会学習を利用した実践的なトレーディングアルゴリズムを創出し、そのアルゴリズムを搭載したディーリングサポートシステムの開発及び運用を手掛けてきた。外為どっとコムと協業し、価格データをはじめとする各種の時系列データを対象に、AIを用いた分析を行うことで、従来とは異なるアプローチで外国為替の変動に関する理解を深めていくとしている。