「東急線アプリ」

東京急行電鉄株式会社(東急)と株式会社ナビタイムジャパンは26日、東急の電車の1両1両についてどれだけ混んでいるかを可視化し、ユーザーが空いている車両を選ぶことのできる新機能「車両別混雑度表示」の提供開始を発表した。

 

本サービスは、ユーザーの東急利用を快適かつスムーズにするための混雑度可視化サービス。

混雑度については、東急による一部列車の車両別の荷重状況を基にした乗車率データと、ナビタイムジャパンの「電車混雑シミュレーション」技術によって予測される列車ごとの混雑度を組み合わせて算出し、6段階に分けて色付きで表示。

混んでいれば「赤」、空いていれば「青」で車両が表示され、直感で空いている車両が分かる。

「東急線アプリ」での表示

「NAVITIME」での表示

東急によると、本サービスにより混雑の平準化やスムーズな乗降の実現を目指すとしている。

 

サービスの開始日については「NAVITIME」「乗換NAVITIME」が6月27日、「東急線アプリ」が7月末を予定となっている。

 

「東急線アプリ」

URL:http://www.tokyu.co.jp/sp/app/index.html

 

「NAVITIME」

URL:https://www.navitime.co.jp/

2017/06/26


▷こちらもおすすめ

格安SIMスマモバ、「解約手続に係る消費者トラブル」等が多発。総務省が行政指導へ

 

ポケモンGOにレイドバトル実装!最大20人でジムから出現するボスポケモンに挑む

 

マクドナルドがウイルスに感染、マルウェアによって「dポイント」や「WAON」が使用不可に