日経BP社は、人気メーカーのロングセラー商品から、売れるパッケージデザインの秘密を読み解く「パッケージデザインの教科書 第3版」を6月23日に発売した。A5変型判/272P/2,900円(税抜)。新商品を開発する上で、パッケージデザインはその商品の方向性を示す重要な鍵となる。商品の特徴を的確に伝えるのはもちろん、アピールしたいターゲット層を絞り込み、商品を美しく見せたり、感動的な出会いを演出したりするのもパッケージの力だ。

本書は、これからパッケージを開発する人に向けて、デザインの基礎的なプロセスを解説した実用書である。人気メーカーのブランディング戦略や、カゴメ、ハウス食品、味の素などのヒット商品から、売れるパッケージの秘密を徹底分析。ユーザー心理に基づいた素材・色・文字の活用法、機能性的で開きやすい形状、商品価値を高めるブランディング手法などを詳しく紹介している。

第3版となる本書では「人気商品のパッケージ比較調査」を大幅追加し、デザインが与える付加価値を数値化、パッケージによって顧客が受けるイメージや購買意欲の変化を解りやすく可視化している。ロングセラー商品のデザインの変遷や、デザイン思考を用いた商品開発例なども収録し、100を超える豊富な実例を備えた充実の内容で、デザインのアイデアソースとしても活用できる内容になっている。日経BP社
価格:2,900円(税抜)
日経デザイン 編
URL:http://corporate.nikkeibp.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822259145/
2017/06/26
▷こちらもおすすめ

エフェクトで彩る「CLIP STUDIO PAINT PROで幻想的な美少女イラストを描く3つの流儀」

 

目的別に探せて、すぐに使える「Webデザイン良質見本帳」

 

中世の怪異譚を美しい日本画で再現した「中世ふしぎ絵巻」