「どこでもストア」イメージ図。(画像:ギガプライズ発表資料より)

写真拡大

 不動産管理システムなどを開発するギガプライズは、同社子会社のフォーメンバーズが、ナーブと共同で、国家戦略特区である東京都品川区に、世界初となるVR不動産遠隔接客店舗『どこでもストア』を7月1日にオープンすると発表した。

【こちらも】日本財託、「VR内見サービス」開始、現地感覚で遠隔から内見

 フォーメンバーズは、小売大手『イオン』グループのイオンモールが運営する不動産仲介事業「イオンハウジング」のフランチャイズ展開を行っている。その事業拡大に伴って、『どこでもストア』を今後新規に展開し、新たな形での不動産接客を進めていくという。

 『どこでもストア』は、VR技術を活用することによって、直接物件まで赴かなくても擬似的な内見を可能にするシステムである。またそれだけではなく、VRを体験しながら、不動産営業スタッフと直接、コミュニケートすることも可能となっている。

 不動産業界では、慢性的な人手不足が常態化しており、早期の課題解決が急務である。『どこでもストア』は、世界初のVR接客技術を用いることで、事業の効率化を図ることを企図している。

 なお、オープンに先立つ6月30日、現地にて事業説明会が予定されている。