【ネットで話題】サーモンのめんつゆ漬け丼を他の魚で試してみた

写真拡大

ネット上では、「無限ピーマン」や「チーズのベーコン巻き」など、いろんな料理法が話題になりますよね。現在、Twitter上で注目を集めているのは、「サーモンめんつゆ漬け丼」です。

ご飯がすすむ「サーモンめんつゆ漬け丼」の作り方

話題のきっかけとなったのは、Twitterユーザーの丑@uccowさんがツイートした以下の投稿で、リツイートといいねを合わせると、なんと11万件以上の反応が!

“「飯の話をするとしよう、めんつゆにごま油を適量入れたタレにサーモンの刺身を浸して適当に時間が経ったらご飯に乗せるとこれがなかなかいける、ガーデンオブアヴァロン!」”

ツイートの通り、作り方もとても簡単そう。Twitter上で「サーモン めんつゆ」と検索すると、「ご飯がすすむ」や「卵黄やワサビを追加するとさらにおいしい」、「天つゆでもいける」など、いろんなツイートが見受けられます。サーモン好きな筆者としては、実際に食べてみたい。ということで作ってみました!

めんつゆとごま油を適当な分量で混ぜ合わせ、サーモンを30分程度浸けただけですが、これは確かにおいしい! しょうゆの漬け丼とは違い、めんつゆの旨味とごま油の風味がベストマッチ。そこで、ふと気になったのが、「他の魚でもおいしくなるのでは?」ということ。試してみました。

スーパーで刺身盛り合わせパックを買ってきて作ったのが上の画像。サーモン、カンパチ、マグロ、アジの4種盛り! 筆者の個人的感想にはなってしまいますが、もっともめんつゆ漬けに合い、おいしく感じたのはアジでした。ちなみに、めんつゆのほんのりとした甘みがあるので、ワサビをつけてピリッとさせるとウマさが引き立ちます。

おそらく、「めんつゆ×ごま油」タレは、ほとんどの魚と相性がよさそう! スーパーで値引きシールが貼ってある刺身用の魚を見つけたら、めんつゆ漬け丼を作るチャンス。ネットで話題になるほどの味を試してみて。

(文・山手チカコ/考務店)