【詳細】他の写真はこちら

搭載OSはAndroidです。

『BlackBerry』端末を製造するTCLコミュニケーションの国内正規代理店となる株式会社FOXは、新型スマホ『BlackBerry KEYone』を6月29日に国内発売します。価格は6万9800円(税込)。すでに予約受付を開始しています。

Android OSでもセキュア仕様!





かつては独自OSを搭載しその安全性を謳っていたBlackBerry端末ですが、現在ではより一般的な「Android OS」を搭載。この『BlackBerry KEYone』でもAndroid 7.1.1 Nougatを搭載しながら、セキュリティに対する高い意識は継続中です。専用アプリ「DTEKTM by BlackBerry」ではマイクやカメラ、位置情報、個人情報を利用しているアプリを監視し、適切に保護するようコントロールが可能。またセキュリティアップデートも毎月配布されます。

元々コミュニケーション端末として評価も高かったBlackBerry端末らしく、この端末にもメールやSNSを一元管理する「BlackBerry Hub」、それにメッセンジャーの「BBM」、そして「BlackBerry Password Keeper」や「カレンダー」といった独自アプリがプリインストールされています。

本体キーボードに指紋認証も!





BlackBerryといえば本体下部に設置された物理キーボードが特徴とも言える端末。『BlackBerry KEYone』でももちろんQWERTY物理キーボードを搭載しています。このキーボードにはタッチセンサーが搭載されており、キーボード上でスクロールや予測変換の選択、カーソル移動が可能。さらにシリーズ初の指紋認証機能を採用し、セキュリティ機能が高められています。

パワフルな基本性能





nano-SIM対応のSIMロックフリー端末となる本機。本体ディスプレイは4.5インチ/1620☓1080ドット、プロセッサにはオクタコア(8コア)の「Snapdragon 625」を採用します。メモリは容量3GB。容量32GBの内蔵ストレージを備え、最大2TBのmicroSDカードが利用可能です。背面にはソニー製センサー「IMX378」を採用した1200万画素カメラを搭載。前面には800万画素のカメラを装備します。バッテリーは容量3505mAhで高速充電技術「Quick Charge」に対応し、36分でバッテリー容量の50%が充電可能。本体サイズは長さ149.3☓幅72.5☓厚さ9.4mmで、重量は180gとなっています。

文/塚本直樹

関連サイト



『BlackBerry KEYone』プレスリリース

『BlackBerry KEYone』告知ページ