新潟戦ではP・ジュニオール(右)とレアンドロ(11番)がゴールを挙げた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ16節]鹿島2-0新潟/6月25日/カシマ

【鹿島2‐0新潟PHOTO】後半に2ゴールの鹿島が新潟を下して3連勝!

 就任後から土付かずのリーグ3連勝を達成した鹿島の大岩剛監督が、新潟戦後に手応えを語った。

 鹿島の公式HPによれば、前半は「新潟の前からのプレスをまともに受けてしまい、なかなかコントロールできなかった」が、ハーフタイムにこれを修正。特にビルドアップでの「センターバックとボランチの関係」を改善し、「中盤の選手に対しては、良いポジショニングからビルドアップに参加していこうと話した」という。
 
 そうして挑んだ後半は攻撃が円滑になり、57分にペドロ・ジュニオール、75分にレアンドロがゴールを奪う。見事にチームを導いた指揮官の手綱さばきが光った。
 
 ただ、リーグ3連勝にも浮かれた様子はなく、「連勝に関しては、意識していない。『次の1試合』というスタンスでやっている」と冷静そのものだ。選手として黄金期を経験した新指揮官は、一喜一憂せず次の勝利に集中している。