6月21日に、公式戦連勝記録を「28」に伸ばし、30年ぶりに歴代最多連勝記録タイ、そしてついに26日には「29連勝」、歴代単独1位の偉業を達成した史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)。この連勝街道の5戦目に敗戦を喫した北浜健介八段(41)は、この快進撃を「モンスター級の進化」と表現する。敗れてこそ感じた21世紀生まれのスター棋士が見せる「進化し続ける強さ」とは。大阪の「関西将棋会館」で語ってもらった。


将棋の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(右)を相手に、公式戦29連勝に挑む藤井聡太四段 ©共同通信社

ちょっと常識では考えられない「解く力」

――もはや藤井四段の活躍は社会現象ですね。

北浜 つい先日も、将棋を指さない知り合いに言われたんですよ、「あの将棋の藤井くんって凄いんですね」って。「もう負けたんですよ、私(笑)」って返事をしたら、「あっ、失礼しました」って恐縮されてしまったんですが。


北浜健介八段 2月23日に藤井四段に敗れた

――四段に昇段してプロになる前から、藤井さんの評判は高かったんですか?

北浜 もともと能力の片鱗を見せていたのは詰将棋なんです。彼は小3の時から「詰将棋解答選手権」に出場していたんですが、半分くらい解いちゃって、みんな驚いてたんです。

――それはどう凄いんでしょうか?

北浜 詰将棋って、小学生で5手詰、7手詰が正解できたらなかなかすごいね、というレベルでして、9手詰が解けたら「すごいねー!」なんですよ。ところが、藤井四段は小1の時に20手台の詰将棋の問題を解いていたらしく、ちょっと常識では考えられない「解く力」を備えていたようです。ですから大人も解けない問題が並ぶ「選手権」で半分正解したというのは、彼にしてみれば実力のうちであるし、将棋の世界で言えば驚異的なことなんです。藤井四段はこの3月にも「選手権」で優勝して3連覇中です。

――北浜さんは詰将棋が得意な棋士のお一人ですが、詰将棋に才能があるということは、対局という実戦でどう活きてくるものなのでしょうか?

北浜 詰将棋は難しい局面を打開するためのスタミナをつけるトレーニングになるんです。それが実戦では終盤力として活きてくるんですね。藤井四段の場合、そうした思考の筋肉が相当鍛えられていますから、筋を読む、考えることに全く苦痛を感じないところまで到達していると思います。

指しながら「フツーに強いな」と思った

――では2月に対局することになった時は、事前に藤井対策というか、かなり構えて臨まれたのではないですか?

北浜 いえ、私が藤井四段と当たったのはNHK杯の予選トーナメントの2回戦でして、私はとにかく初戦に集中していたんです。そこを勝たなければ意味がないですから。勝ち進めば藤井さんと当たるかも、とは思っていましたが、意識することはそれほどなかったし、準備する間も無く対局になったので、まあ、普通に臨むことになったんです。


 

――相手が注目の14歳で、気負うところはありませんでしたか?

北浜 うーん、それがなかったんですよ。昔だったら、「世間が注目してる最年少棋士を負かしてやる」みたいな気合があったと思うんですが、そうとんがることもなくてですね。何というか、自分で年取ったなあ……って思いました(笑)。

――年取った、というのは……。

北浜 大山(康晴・15世名人)先生が中原(誠・16世名人)先生と当たった時に「自分の息子ほどの若者に対して闘志が沸かなかった」という話があるんです。さらに、その中原先生も20歳くらい年の離れた相手と当たった時に「闘志が湧かなくて困った」という話をよくされる。私の場合はそこまで深く考えることもなかったのですが、そんなことが頭をよぎった感じがします。


藤井聡太四段 ©時事通信社

――対局での戦いの流れの中で感じた、この14歳の「異様さ」みたいなものはあったんでしょうか?

北浜 NHK杯というのは、通常の持ち時間が各6時間なのに対して、各20分という「早指し」対局なんです。ですから、じっくり考えながら指すことはできないのですが、そんな中でも「フツーに強いな」って感じたんですよ。

――「フツー」ですか?

北浜 将棋の世界では指してみて「あ、大したことないな」と思ったら自分と同じくらいで、「ちょっと強いな」くらいに感じたら、それは自分より相当強い、というものなんです。だから、「フツーに強い」と直感したときにはもう「相当強い」と覚悟はしてたと思います。

14歳に負けたとき、何を思ったか?

――北浜さんは「攻めの将棋」とよく言われますが、この対局を振り返って印象的だったことはありますか?

北浜 私は飛車を真ん中に振る「振り飛車党」で、藤井四段は飛車を動かさないで戦う「居飛車党」なんです。で、局面が進む中で藤井四段が「金」の駒を「玉」とは反対側に寄せてきたんです。「玉のまわりに金銀3枚」という格言があるくらいで、普通は「金」って王様を守る駒なんですけど、そのとき藤井さんは自分の玉から離した。振り飛車と居飛車の対局では、あまり出現しない局面で、「あれ? 何でこの手?」と意外に思ったことは覚えています。いい手かどうか分からないんですけど、私の駒が藤井さん側に侵入できないような、全体的にバランスのとれた陣形にしている印象でした。その後、こちらになかなかチャンスが訪れることなく、押し切られてしまったのですが。


 

――負けが分かった時は、正直、どんな気持ちでしたか?

北浜 悔しい……というのは、ないといえば嘘になりますけど、先ほど言ったように、とんがった感情は出てこなかったですね。年取ったからこその、淡々とした気持ちというか……(笑)。

――感想戦ではどんなことを話されたんでしょうか。

北浜 まあ藤井四段も「ここで不利になったと思ったんですが……」とか、いつもの感想戦という感じなんですが、彼、落ち着いているので14歳って感じじゃないんですよ。私から見ても、何年もやってる人みたいなんです。同じく中学生プロデビューした渡辺(明)竜王が15〜6歳の時、私は対局したことがあるんですが、藤井さんのほうがはるかに落ち着いている印象です。

まるで高速道路を静かに走っている車のような強さ

――今、北浜さんは将棋連盟の奨励会(三段から6級までで構成される新進棋士の養成組織。ここで四段に昇段できればプロ棋士となる)の幹事をされていて、10代の若い子たちも多く見ているそうですが……。

北浜 14歳とか、それよりちょっと上の年齢でも落ち着きのない子はいますよ(笑)。藤井四段だって去年まではこの「奨励会」にいたんですけどね。


28連勝を決めた関西将棋会館。入り口の上が駒の形にデザインされている


――存在感が子どもじゃない感じなんでしょうか。

北浜 そうですね。将棋も全く「子どもの将棋」ではないです。中学生でプロデビューした羽生(善治)三冠も、渡辺竜王も、谷川(浩司)九段も、デビュー当時は荒削りで「将棋が若い」って感じなんです。特に羽生三冠・谷川九段は終盤力の強さで相手をねじ伏せる、どうにかしちゃう、という「能力の高さだけで勝つ」戦い方をしていたんです。序盤、中盤は無頓着というか大らかな指し方で、劣勢に立つことも多い将棋なんですよ。ところが、藤井四段は序盤から正確で隙がない。

――羽生さんよりも凄いところがある印象なんですか?

北浜 うーん、羽生三冠の中学時代がデコボコ道を走る車だとしたら、藤井さんは高速道路を静かに走っている車という感じがします。

――そして北浜さんとの対局後も、さらに強くなっていると。

北浜 もう、どこまで進化するんだろうって感じですよ。モンスター級です(笑)。最初の頃は競り合いながら混戦を抜け出す勝ちパターンだったんですが、最近の藤井四段は危なげなく「快勝」が多い。例えば、20連勝目の澤田真吾六段との対局では、藤井四段が負けてもおかしくない局面があったんですが、同じく澤田六段と戦った28連勝目はスイスイと勝ってしまった。気が付いたら優勢に立っている、そんな横綱相撲でした。

「究極に近いスタイル」と言える理由

――指し手や筋が似ている棋士はいないんですか?

北浜 いないですね。特徴がないんです。攻めも守りもできる自在さが凄みをましているというか。羽生三冠も攻めも受けもない、その時々の「最善手」に適った戦い方をされますが、そういう究極に近いスタイルですね。

――では弱点など見えそうにもない感じですか。

北浜 穴が見つからないですね、今のところは。少しでもありそうなら、ここまで評価が高くなりません。今後、大局観がどう備わっていくのか、楽しみなくらいです。


 

――最近では、たとえば『3月のライオン』といった漫画や映画もあって、将棋ファンになる人も増えていますが、ここに来ての「藤井フィーバー」に将棋界はどんなムードなんですか?

北浜 『3月のライオン』の主人公、桐山零は作中で「史上5人目の中学生プロ棋士」という設定ですけど、まさに現実世界に現れた「史上5人目の中学生プロ棋士」藤井四段は、非公式戦であれ羽生三冠にも勝ってしまった。もう、漫画なら一回ここで負けるでしょ、ってところだと思うんですけど、そんな展開までリアルに達成してしまってるんです。そんな怪物級の存在に対して、もちろん棋士の一人一人は当たったら勝ちたい、と思うのは当然ですが、将棋界全体としては偉業を達成してほしい、いろんな記録を塗り替えてほしいという期待があると思います。

――タイトルについても相当期待が高まっていると思います。

北浜 中学生でプロデビューした棋士は、名人か竜王のどちらかを獲られています。羽生、谷川、渡辺然り、そして先日引退した加藤一二三先生も名人を獲られていますし。

“ひふみん”にあって、藤井君にないもの

――「神武以来の天才」“ひふみん”引退のタイミングで、新しい天才が出現したのは不思議な因縁ですね。

北浜 私、加藤先生とは10回くらい当たっているんですけど、あだ名が「重戦車」というくらいですから、とにかく闘志というか迫力が凄いんです。しかも、盤を前に立ちあがられたり、長いネクタイを揺らされたり、加藤先生独特のしぐさがあります。藤井四段にまだ不足しているものをあえて言うなら、加藤先生みたいな「独特の雰囲気づくり」でしょうか(笑)。とてもそういうタイプではありませんが。

――「藤井現象」で北浜さんは何か恩恵に与りましたか?

北浜 ああ、チョコもらいましたよ。

――チョコ?

北浜 「LOOK」っていうチョコレートを藤井さんが対局中に食べていたらしいんです。それを知った不二家から大量に「LOOK」が届いて、そのお裾分けを連盟からもらいました。

――藤井グッズの売れ行きも好調のようですね。

北浜 クリアファイルは手に入るようになったみたいですけど、扇子はまだ生産が追いつかないとか聞きますね。でも、すぐにタイトルを獲るかもしれませんから、今の「四段」と書かれている扇子は、そのうちレアものになるかもしれませんね(笑)。


飛ぶように売れているクリアファイル


将棋会館の売店でも人気商品だ

(「文春オンライン」編集部)