【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系野党「正しい政党」は26日、国会で党員代表者会議を開き、李恵薫(イ・ヘフン)国会議員(53)を新代表に選出した。

 李議員は、一般・責任党員による投票と国民世論調査の結果を合算した結果、得票率36.9%で1位となった。
 李議員は受諾演説で「正しい政党が保守の本陣となり大韓民国の新たな歴史を開く」と述べた。
 代表選で2〜4位となった河泰慶(ハ・テギョン)議員、鄭雲天(チョン・ウンチョン)議員、金栄宇(キム・ヨンウ)議員は李議員と共に執行部を構成することになる最高委員に選出された。
 同党は朴槿恵(パク・クネ)前政権の与党だったセヌリ党(現・自由韓国党)の非主流派が今年1月に結成。定数300の国会で議員20人を擁す。
hjc@yna.co.kr