ルイ・トムリンソン、“目立たない存在だった”「ワン・ダイレクション」を振り返る

写真拡大

歌手のルイ・トムリンソンが、人気グループ「ワン・ダイレクション」で活動していた時のことを振り返った。

「ワン・ダイレクション」は2010年7月に英オーディション番組「Xファクター」で結成され、世界一のボーイ・バンドと言われるまでに。2015年3月にゼイン・マリクが脱退し、2016年から活動休止している。

ほかのメンバーと比べてソロのパートが少なかったルイは「ガーディアン」紙に「ワン・ダイレクション」にいた時は「忘れられがちだった」と振り返り、「例えば、ナイル(・ホーラン)。彼は世界で最も可愛らしい男だよ。楽天的なアイルランド人で、傲慢さなんてない。怖いもの知らずだよ。“僕にもそういうところが少しある”って思った時もあったね」とコメント。さらにゼイン・マリクについては共通点があったそうで、「最初の年、僕たち2人は一番自信がなかったんだ。でも、ゼインは素晴らしい声を持っていて、彼にとってはそれを自分のものにするってこと(が課題)だったよ。リアム(・ペイン)はいつもステージで良い存在感があったんだ。ハリー(・スタイルズ)もね。2人ともそういうものを持っていたよ。ハリーはとてもクールだね。リアムは観客を盛り上げて、少しダンスしていた……それで僕だよ」と語った。

さらに「僕は『Xファクター』で一度もソロを歌ったことがなかった」と話し、毎週ステージの上でグループのために何を貢献しただろうかと考えていたと明かしている。

そんなルイは昨年12月にDJのスティーヴ・アオキとコラボし、ソロデビューシングル「Just Hold On」をリリース。ルイは「もし1年か18か月前に僕に『ソロアーティストとして何かするかい?』って聞いていたら、間違いなくやらないって言っていただろうね」と話した。