男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権最終日。トロフィーを手にポーズをとるジョーダン・スピース(2017年6月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアー、トラベラーズ選手権(Travelers Championship 2017)は25日、米コネティカット(Connecticut)州クロムウェル(Cromwell)のTPCリバーハイランズ(TPC River Highlands)で最終日が行われ、プレーオフ1ホール目でバンカーショットを直接ねじ込んだジョーダン・スピース(Jordan Spieth、米国)が、ツアー通算10勝目となる優勝を飾った。

 2015年のマスターズ(The Masters Tournament 2015)と全米オープン(2015 US Open Championship)覇者で、現在世界ランキング6位のスピースは、最終日をイーブンパー「70」で回り、ダニエル・ベルガー(Daniel Berger、米国)と通算12アンダーで並んだ。

 パー4の18番で行われたプレーオフ。スピースはティーショットを木に当てると、フェアウエーから打った2打目はグリーン横のバンカーへ。しかし、3打目はグリーン上で大きく2度バウンドすると、そのままカップへと吸い込まれた。

 スピースはラウンド後「直接入ったバンカーショット、あれは最高だった」、「このような瞬間をまた味わえるかは分からないね」とコメント。一方、直後のロングパットを外して優勝を逃したベルガーは、同胞のチップインバーディーを手放しで称賛した上で「きょうのプレーは良かったし、勝ちたかった。今は言葉が出てこないよ」と悔しがった。

 チャーリー・ホフマン(Charley Hoffman、米国)とダニー・リー(Danny Lee、ニュージーランド)が通算10アンダーの3位タイに入った一方、世界3位のロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)は同6アンダーの17位タイに終わっている。
【翻訳編集】AFPBB News