公式ページでは500円分のギフト券が貰える先行モニターキャンペーンを実施中

株式会社ディー・エヌ・エーは23日、タクシーの配車をスムーズに実施できるios用タクシー配車アプリについて、横浜市と一般社団法人神奈川県タクシー協会の協力の下、横浜市の限定エリアで約2ヶ月間の実用実験を実施すると発表した。

 

本サービスは、ユーザーはios端末にダウンロードしたアプリ、タクシー乗務員は専用端末を使用して運用するタクシー配車サービス。

ユーザーは、タクシーを呼ぶ際に、タクシー走行状態の可視化や予測到着時刻確認可能の機能により、効率的にタクシーを呼ぶことができる。

 

また、運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析することにより、AIが「需要予測」を算出。乗務員にタクシー需要予測情報を提供し、タクシーを求めるユーザーが多いエリアにタクシーを集めることも可能だ。

 

対象エリアは、横浜DeNAベイスターズが本拠地とする横浜スタジアムがある横浜市の中区を始め、西区、JR横浜線沿線(東神奈川〜長津田)周辺のエリアとなっている。

乗務員専用端末搭載のタクシーは約100台が走行する予定。

 

発表資料

URL:http://dena.com/jp/press/2017/06/23/1/

2017/06/26


▷こちらもおすすめ

格安SIMスマモバ、「解約手続に係る消費者トラブル」等が多発。総務省が行政指導へ

 

ポケモンGOにレイドバトル実装!最大20人でジムから出現するボスポケモンに挑む

 

マクドナルドがウイルスに感染、マルウェアによって「dポイント」や「WAON」が使用不可に