CUBEから「プロデュース101」シーズン2に出演したライ・グァンリン&ユ・ソンホ、直筆手紙を公開

写真拡大 (全2枚)

ライ・グァンリン、ユ・ソンホが「プロデュース101」シーズン2の国民のプロデューサーに感謝の挨拶を伝えた。

「プロデュース101」シーズン2に出演したライ・グァンリン、ユ・ソンホは今日26日、所属事務所であるCUBEエンターテインメントの公式SNSを通じて自筆の手紙を公開し、これまで愛してくれた国民のプロデューサーに感謝の挨拶を伝えた。

公開された直筆の手紙は黄色い紙に直接書いたもので、“ひよこ練習生”というあだ名がついていた2人をうまく表現していた。

ライ・グァンリンは「4ヶ月間僕を応援してくださった国民のプロデューサーの皆様にとても感謝しています。Wanna Oneのメンバーになったので本当に歌手のように一生懸命頑張ります。優しい目で見ていただけますよね?? Wannna Oneファイト! ガリバー末っ子ライ・グァンリンファイト!!」という感想を韓国語、中国語、英語の3ヶ国語で残し、海外ファンにも感謝の気持ちを伝えた。

ユ・ソンホは「ひよこ練習生だった僕がこのようなたくさんの関心と愛を受けることになるとは想像もできませんでした。本当にまだ夢のような時間です。今度会う時には、もう一段階成長し、発展した姿をお見せできるよう一生懸命に練習し、努力します。身長も180cmを超えているようにします)」と伝えた。

ライ・グァンリン、ユ・ソンホは7月1日、2日に渡ってオリンピック公園内のオリンピックホールにて開かれる「プロデュース101シーズン2 FINALE CONCERT」の準備で汗を流している。