政府非公認ながら「トランプ村」と改名したインド北部ハリヤナ州マローラ村に掲げられたドナルド・トランプ米大統領のポスター(2017年6月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】電気も水道もほとんど使えないインドの小村が23日、「トランプ村(Trump Village)」に改名し、インドのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相の訪米を前に、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領に対する異例の歓迎姿勢を示した。

「トランプ村」が誕生したのは、農村の多い北部ハリヤナ(Haryana)州。村には満面の笑みを浮かべるトランプ大統領の写真に、ヒンディー語と英語で「トランプ村へようこそ」との文言が記された巨大看板が登場した。村の指導者らと慈善団体が主催した改名式典では、泥れんが造りの家々が並ぶ村のあちこちにマリーゴールドの花で飾られたトランプ氏の大判ポスターが掲げられた。

 村の入り口にも「トランプ村へようこそ」と大きく書かれたゲートが建てられ、観光客を歓迎している。だが、今回の改名はインド政府の認可を受けたものではない。正式名称はマロラ(Marora)村だ。

 村に今回の改名を提案したのは、インド国内でトイレの普及活動を行う国際ボランティアNGO「スラブインターナショナル(Sulabh International)」で、創設者ビンデシュワル・パタク(Bindeshwar Pathak)氏が最近訪米した際に思い付いたアイデアだという。

 AFPの取材に応じた村の住民は、政府の認可がなくても新しい村名は定着するだろうと述べ、「村の誰もが改名をとても喜んでいる」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News