画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ぐるなびは6月26日、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」を提供開始すると発表した。同サービスを導入した飲食店は、クレジットカードでのテーブル決済など多種多様な決済手段をワンストップで提供することが可能になるという。

同社では、飲食店への販促以外の業務支援としてモバイルPOSレジシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」を2017年4月より提供開始。今回、発表したぐるなびPayは、スマートフォンやタブレット端末を使った決済サービス「Coiney(コイニー)」を展開するコイニーとの提携により提供するもので、ぐるなびPOS+と連携するマルチ決済サービスとなる。

ぐるなびPayでは、ぐるなびPOS+とコイニーが提供する「Coineyターミナル」「Coineyスキャン」を連携。これにより飲食店は、クレジットカードや訪日中国人観光客向け決済サービスである「WeChat Pay(微信支付)」での決済など、さまざまな決済手段に対応。業務の効率化を行うことができるという。今後は、電子マネーやぐるなびスーパーぐポイント、ビットコインでの支払いなどにも対応するとしている。