さくら少額短期保険は6月26日より、同社が提供するモバイル保険に加入している人を対象に、iPhoneの画面割れに対してキャッシュレスで修理を受けられる「キャッシュレスリペアサービス」を開始しました。

月額700円で年間10万円までのスマホ修理を受けられる「モバイル保険」

モバイル保険は、さくら少額短期保険が2016年5月12日より提供を開始した「スマホ修理に関する保険」です。月々700円の保険料で、破損・水没・盗難などに関する修理を年間10万円まで何度でも受けることができます。
 
また国内では初めて、同一契約内ならスマホの他にも、タブレットやスマートウォッチ、ノートパソコンなどのモバイル端末を最大3台まで補償対象として登録可能となっていることも特徴です。

キャッシュレスでその場ですぐに修理受付をしてもらえる

さらに6月26日より、モバイル保険加入者は、修理申込時に事前に修理費用を支払う必要がない「キャッシュレスリペアサービス」を利用できるようになりました。
 

 
これまでのモバイル保険では、申込時に修理費用を立て替えておく必要があったのですが、キャッシュレスリペアサービスの登場で、修理費を払うことなくその場ですぐに修理を受け付けてもらえるようになります。ただし、今のところキャッシュレスリペア対象は、登録してあるiPhoneの「画面割れ修理」のみで、今後は他の端末、他の部位にも修理対象を拡大していく予定です。
 

 
キャッシュレスリペアを受けるには、事前にモバイル保険のマイページから申し込みを行い、リペアパートナー(提携修理店)に来店して修理依頼をする必要があります。なお現在リペアパートナーは「iCrached Store」「Sma-cle メガネスーパー」「リンゴ屋」などの29店舗に限られており、対応店舗は順次増えていく予定となっています。
 
 
Source:さくら少額保険
(kotobaya)