ユ・ヨンソク、日本単独ファンミーティングを盛況裏に終了…様々なコーナーで“ファン愛情家”の一面を披露

写真拡大

俳優ユ・ヨンソクが、日本単独ファンミーティングを盛況裏に終えた。

ユ・ヨンソクが先日(23日)、東京・なかのZEROホールにて開かれたファンミーティング「〜One Fine Day〜」を通じて、現地ファンと特別な時間を過ごした。今回の日本ファンミーティングは、2016年に東京で開かれた「幸せのレシピ」から二度目に開催した海外ファンミーティングだ。

ユ・ヨンソクはSBS「浪漫ドクターキム・サブ」のOST(劇中歌) の中の一曲である「あなただから」を歌ってステージに登場し、ファンの熱い叫び声とともにイベントがスタートした。その後彼は挨拶をして、作品の映像終了後に最近の自身の近況を伝えて、ファンと出会えて嬉しい気持ちを隠すことができなかった。

引き続き彼は、3月に日本で放送され、最近アンコール放送までされて熱い人気を受けている「浪漫ドクターキム・サブ」の現場未公開カットを公開して、撮影現場のエピソードを届けた。

ユ・ヨンソクは様々なコーナーを通じてファンと近い距離でコミュニケーションを取り、多情多感な“ファン愛情家”の一面を披露した。彼はファンとステージの上で状況劇を演出して、忘れることのできない思い出をプレゼントしたり、抽選を通じて選ばれたファンのお悩み相談をして、準備してきた愛蔵品をプレゼントした。また、彼は客席に降りて行ってファンにバラの花を手渡したり、ステージで直接キャンドルを作ってプレゼントした。

この日ユ・ヨンソクは、ファンに向けて手紙を書いてきた。彼は「良い俳優として、必要な人として一緒にいたい。皆さんの日常の近くで感動を伝えて、慰めと笑いを伝えることができる俳優ユ・ヨンソクになる」と伝えた。イベントを終えて、ユ・ヨンソクはステージから降りてハイタッチをしながら、一人ずつファンと目を合わせて手を握り、サインが書かれたフォトカードをプレゼントした。

ユ・ヨンソクはSBS「浪漫ドクターキム・サブ」の終了後、次期作を検討中だ。